任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

広島県内の相続不動産についての相談⑤

投稿日:2018年10月04日 中村

前回のブログ「広島県内の相続不動産についての相談④」の続きです。

『相続不動産の売却を椿不動産に任せる』事に関しては一致したので通常通り『売買対象不動産の査定』を行い、売却可能価格を提案致しました。

過去に1度売却を試みた際に査定をしていた事もあり、予想通りといった感じで特に不満は出ませんでした。

 

 

今回の対象物件は『築年数が約50年経過・増築未登記部分あり・その他、擁壁等の補修・建物室内外の動産処分』などなど費用が発生するので、各業者に見積もりを依頼しました。

現状のまま一般顧客に販売活動を行っても成約は難しいと判断し、『不動産業者の買取』を提案しました。複数の業者に情報を渡し、その中で1番高値で購入してくださる『簡単な入札方式』で購入希望者を選び売却しました。

 

1番の問題であった『相続分について』は、『社内の行政書士が遺産分割協議書』を作成し、『相続人全員が納得する割合』を決めた事で今回の『相続不動産売却』は円満解決となります。

※実際に販売スタート時はピリピリしていましたが、最後の方は穏やかな雰囲気でした。

『父親が亡くなる前にちゃんと対策をしておけば』『もし遺言書があったら?』その他、色々と考えさせられる案件だったと思います。

広島県内の相続不動産についての相談④

投稿日:2018年10月03日 中村

③からのつづきです・・・

U様姉、K様の連絡先を聞き急いで電話をしました。

『頼むから紛争にならないで~』と願い、落ち着いて話を聞いていると、『過去に1度売却を試みて不調に終わった』事などが判明しました。

もちろん継母が生きていた頃の話なので気にせず出来る事を考えました。U様姉は関東在住だった為、電話で話しましたが本当に穏やかな方で『中村さんにお任せするので出来る事は協力します』と約束してくださいました。最大のキーマンとなるK様には直接会ってご要望を聞きました。まあ、予想通りでしたがU様と同じく自分の言い分、権利を主張されました・・・

 

 

しかし、今回に限っては『相続不動産を売却』する方向性だけは一致していたので、数回訪問し『不満・要望』など、聞き役に徹しました。満足したのか、気持ちが通じたのかわかりませんが、K様から『わかった、わかった、もう意地張らんけぇ』『任せるけぇ後の事は頼むよ』と言われ売却手続きを行う事となります。

※広島県内の相続不動産についての相談⑤に続く・・・

広島県内の相続不動産についての相談③

投稿日:2018年10月02日 中村

『相続不動産』の処分で少し大変だった事例をご紹介致します。

広島市内在住U様から『継母が亡くなったから相続不動産の売却相談を頼む!』と電話がありました。U様とは過去に面識があった為、『広島市内に相続している不動産があるんよ』『今は継母が住んでいるから将来頼むね』などと伺っていましたが、その他の状況は不明でした。

 

 

行政書士に依頼し相続人の特定を急ぎましたが、こちらに関してはU様達も事前に調べられており、特に問題なく確定したので安心しました。

しかし、ここで問題が・・・

結論としては①U様②U様姉③継母の連れ子K様の3人が相続人だったのですが、『法定相続分で計算』すると①4分の1②4分の1③2分の1となる為、U様は納得がいかない様子でした。

数十年前の話・自分達の言い分を延々と繰り返されていましたが、最終的には『何とかしてまとめて欲しい』と言われました。※広島県内の相続不動産についての相談④に続く・・・

東京へ、研修に行ってきました。

投稿日:2012年11月20日 admin

東京の飯田橋で、11月17日土曜日、18日日曜日の2日間、ランチェスター戦略についての研修に行ってきました。

この研修は、司法書士、行政書士といった資格士業の事務所を対象にしたセミナーなのですが、現在、ただ単に資格を持っているというだけでは、全然 食べていけないような状況になってきています。行政書士の場合、業務範囲が広いのでいろいろと業務を広げていけるのですが、司法書士は登記と、簡易裁判代理、債務整理くらいしかありません。

現在、登記申請は年間で100万件づつ減少しており、過払い金請求も大方 終了してきています。では、どうやって仕事を確保すればよいのか、弱肉強食の業界となってきています。

行政書士はもともと、この業務だけで生計を立てている方は少ないのですが、相続や後見といったこれからのマーケットで、司法書士と競合して生き残りをかけなければなりません。そこで、当社も行政書士業務を強化し、相続、成年後見といった高齢者マーケットを開発するべく、東京まで行ってきたわけです。

研修を受けて感じたのですが、士業事務所も一般の会社も 経営という視点で見れば全く同じということです。どこにお客様が居られ、どんな商品を必要とされているのか。そして、お客様はどこでその商品を買うのか、なぜ買うのか・・・・

当社も、皆さんに必要とされる商品を提供し続けられるよう、たえず進歩していきたいと思いますので、応援 よろしくお願いいたします。

 

 

この写真は、18日日曜日午前6時30分より、皇居を一周歩いて撮った写真です。写真を撮りながら大回りをしたのですが、九段下のホテルを出てホテルに帰ってくるまで1時間45分かかりました。なかなか気持ち良く、朝食後 9時からセミナーを受けました。

カテゴリー:  

一般社団法人 コスモス成年後見サポートセンター

投稿日:2012年11月12日 admin

日本行政書士会連合会が主体となって、成年後見をサポートする社団法人の広島支部に、入会しました。

30時間の研修後、効果測定を受けたのですが、はれて合格となり 昨日入会手続きを済ませました。成年後見制度を必要とする方は、大変増えておられ、今までも 成年後見のサポートは行ってきたのですが、より高度な知識と社団法人としてのサポートが提供できることによって、この制度を必要とされる方のサポートを強化してまいります。

不動産を取り扱ううえで、後見制度は無くてはならない制度であり、管理できない不動産の処分や、遺産分割協議、また 相続放棄の手続きにも必要です。

制度を聞いたことはあるけれど、具体的には なかなかまだ、知られていない部分も多いと思います。『こんなときどうしたらよいの?』といった時、気軽にご相談いただける様 日々 研鑚してまいります。

一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターのホームページはこちらです。

http://cosmos-sc.or.jp/

 

カテゴリー:

無料相談会の、お知らせです。

投稿日:2012年11月05日 admin

行政書士、社会保険労務士、司法書士等と高齢者のサポート業務等を行う『暮らしの相談 支援ネット広島』の活動なのですが、出張無料相談会を行っていますので、お知らせします。

11月4日(日) 相田集会所 安佐南区相田二丁目4-37(2Fホール)

11月23日(金) 戸坂千足集会所 東区戸坂千足一丁目5-5(1Fホール)

12月2日(日) 西霞町集会所 南区西霞町13-18

12月9日(日) 東原集会所 安佐南区東原二丁目6-17

時間は、午前9時より午後4時まで、私を含めて3人のメンバーで相談を受け付けています。

相談内容としては、相続や遺言 成年後見の問題、また住宅ローンの相談など多様です。身近な集会所という場所での相談会なので、普段着で気楽に相談していただける場でありたいと思って月に2回のペースで、現在行っています。

予約をして頂いた方が確実にご相談できますので、ご相談の方は 082-236-7540 担当:宇野、赤木 まで、ご連絡ください。

カテゴリー:

行政書士便り 6月号

投稿日:2011年05月26日 admin

行政書士業務は、高齢者サポート業務がメインで、こんな情報誌も出してます。

行政書士便り 6月号

行政書士便り 6月号

高齢者施設向けにこの情報誌を作り始めてまだ2回目ですが、暮らしの相談支援ねっと広島の活動も、
少しづつ軌道に乗ってきて相談も増えてきています。高齢者、また高齢者のご家族には、街の法律家
としてのサポートはとても大切です。知らなかったばっかりに、とても困ったことになってしまわれ
る方も多く、いろんな場合を具体的に提案していけるような、情報誌にしていきたいと思っています。

暮らしの相談 支援ねっと広島のホームページも、現在作成中です。

身近で、気軽に相談してもらえる 『頼れるやつら』 と言ってもらえるよう、日々努力、努力!!

カテゴリー:

暮らしの相談支援ねっと広島 機関紙作成中

投稿日:2011年04月23日 admin

行政書士としての業務活動で、行政書士仲間、社会保険労務士仲間と『暮らしの相談支援ねっと広島』という、チームを作り、主に、相続、遺言、後見の手続きの支援を行っています。私はその中で、不動産業としてのノウハウを活用して、高齢者のいろいろな問題の解決に向けて、相談と提案を担当しています。
高齢社会となり、様々な形で介護サービスを受けたり、入所施設等を利用されたりされる方と、その家族にとってやはり気になるのは、お金の問題です。様々なサービスを受けるときに活用していない遊休不動産や、入所施設を利用した後の、誰も住まなくなってしまう自宅不動産について、どうしたらよいのか、なかなか悩ましい問題です。賃貸したり、売却したりは不動産業としてのノウハウで、その後の財産管理や後見の支援等は、行政書士ならではのサービスの提供が、強みです。

私がお世話になっている施設は、主に認知症となられた高齢者の方を受け入れておられるのですが、後見手続きを上手に利用しないと、本人名義の保険の解約や、定期預金の解約等も出来ません。

身内の誰かが、近所にいてその方が後見人としてふさわしければ、手続きのみで大丈夫ですが、身内が遠方にいたり、兄弟仲があまり良くない方など、安心して財産管理を任せられる職業後見人の利用が大切です。司法書士や、行政書士、弁護士等 状況に応じて対応しています。

これらの活動をより多くの方に知っていただくため、現在 機関紙の作成とホームページの改定を行っています。施設の方々からも、貴重な提案をいただき より皆様に役に立つ機関紙とできるよう作っていきますので、お目に留まることがありましたら、ぜひご覧ください。

作成中の、暮らしの相談支援ねっと広島 Q&A ブログ は、こちら!

http://hiroshima-tetudukisien.jimdo.com/

カテゴリー: