任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例⑧

投稿日:2018年10月17日 中村

これも良くあるパターンなのですが、『支払いを配偶者に任せっぱなし』で管理が出来ていない為、気付いた時には手遅れだった事例となります。

とても仲の良い夫婦で信頼し合っている程、現状を相手に伝えられず一人で悩まれているみたいですね。

本当に信頼しあっているのなら、何でも話して解決すれば良いと思うのですが・・・

良い話なら相手が仕事中でも電話して伝えるのは簡単だと思います。

しかし、悪い話を相手に伝えるのは簡単ではありません!

特に単身赴任などで遠方に行かれている場合だと『話をするチャンス』も限られてしまいます。

 

イメージ写真

イメージ写真

 

1回くらいの滞納なら何とかなるかもしれませんが、2回・3回となると住宅ローンの遅れだけでも2030万円近くになるのではないでしょうか?

執行官が訪問する前日まで隠されていたケースもありましたが、その頃になると『競売申立費用・遅延損害金等』など100万円以上の余分な費用が加算されていると思います。

そんな状況になってから慌てて相談の連絡をしてこられる方が多いのですが、決まって第一声が『このまま住み続ける方法は無いでしょうか?』なんですよ!

もちろん『そんな状況になってることなんて知らなかった』のだから仕方ないと思います。でも、それが通じるのはこちら側の話であって、相手側からしてみると『何度も何度も督促等の通知・連絡』した上での結果なので簡単には覆りません。

最終的には自宅を失うだけでなく、家庭も崩壊するケースを沢山見てきました。

そうならない様にする為にも『支払いが遅れそう』『今後は払えない』と感じた時は急いで『専門家』に相談する事が大切ですね!

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例④

投稿日:2018年10月13日 中村

その他の案件も同じですが、債務者さんと一緒に訪問して話をすれば、余程の事が無い限り話を聞いてくださりました。

その後については『自分達の思い通りの結果にならない』可能性もあります。
しかし、何もしなければ『公売や競売』になると伝えられて、毎日ビクビクしながら過ごさなければならないのではないでしょうか?

 

 

実際に債権者さんの方も債務者さんの『不安でたまらない状況』は理解されているんですよ!
だから、長年住んだ自宅を売却して少しでも債務を減らす『任意売却』には協力してくださいます。個人的な感情を出す訳にはいかない為、立場上厳しい事を言われる方もいますが・・・債務者さんの言い分で多かったのが『こちらの話を一切聞いてくれない』『一方的に支払えと言われたんです』でした。
確かに広島市税滞納分などは『原則1年以内に支払いを・・・』と言われたりしますが、あくまでも原則なので電話だけでなく、『実際に訪問して話をする』のが良いと思います。もし自分達だけで訪問するのが不安なら、何時でも一緒に行きますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

広島の任意売却と離婚について⑥

投稿日:2018年09月29日 中村

前回の続きとなりますが、『離婚後に元嫁と子供が住み続け、元旦那が住宅ローンを支払う』を選択され、約10年以内に支払いが滞り任意売却を選択するパターンが圧倒的に増えています。

※元嫁が『連帯債務者・連帯保証人』の場合が多いです!

 

 

どんな事情で『離婚』したかは別として、完済するまで毎月7~12万円くらいの住宅ローンを支払い続ける事が可能なのでしょうか?

過去の事例だと『養育費』を含めると、毎月10~20万円を支払っていた方もいました。もちろん、『責任・義務・約束』などもある為、それに対して反対の意見はありません。

 

『元夫婦間の事』なので自由に約束すれば良いのですが、支払い出来なくなった時に、『元旦那から支払ってもらってください』と金融機関等に言うのは無理な話ですよね!

『連帯債務者・連帯保証人等』でない場合でも、『任意売却・競売』を選択すれば『退去』しなければなりません(親族間売買やセール&リースバックの場合は別です)

その辺りを『離婚時』だけでなく『結婚する時』『自宅購入時』に少しでも考えておけば結果が違ってくるかもしれませんね・・・

カテゴリー:    

広島の任意売却と離婚について④

投稿日:2018年09月27日 中村

過去のブログでお伝えした通り、離婚された2人が任意売却で協力するパターンとして『自己破産回避』など『利害関係が一致している事』が多い中、それ以外の事例も書いてみます。

 

 

相談者以外の名義人(相手側です)が自己破産をしていたり、連絡が取れ難いケースも多いです。広島県内に住まれていれば近いのですが、実家に戻られている場合などもありました。

関東・関西だけでなく、遠方から広島に来て頂くのは本当に大変な事でしたが、皆様が共通して言われた事が『これで相手側との接点が全て無くなりますよね』なんです・・・

 

『自己破産』されている場合などは『競売』でも同じ結果になると思うのですが、『自分の意思で行う』事が決定的な違いなんだと感じました。

協力する事でのメリットは全くと言って良い程ありません。

なのに『任意売却』に協力するのは『プライド・責任感』があるからなんでしょうね!

※これについては『今更って感じなんですけどね!』と笑って言われる方が多いですが・・・

 

結果的に相手側を助ける事にもなりますが、ご自身が気持ち良く人生の再出発できるのであれば本当に良い事だと私は思います。

広島の任意売却中止事例!②

投稿日:2018年09月25日 中村

今回の中止事例は私も初めての経験でした。

結論から申し上げますと、任意売却依頼者が亡くなられたのです。

まだ40代の元気な方で数回お会いしましたが、任意売却手続き中に『心筋梗塞』で亡くなられたと親族の方から連絡があった時は、本当に驚きました。

 

 

全国の勉強会で情報交換した際に『売主様が亡くなられたから相続手続きをして売買が少し延期になった』などの話を聞いた事はありましたが、その事例は高齢の方だった為、親族も覚悟されており相続手続き、売買はスムーズに行えたとの事です。

しかし、今回の事例は『任意売却』であり、仮に売却が成立してもかなりの債務が残ると予想していました。

自己破産手続等を受任していた弁護士の先生からも『相続人全てが相続放棄手続きを行いますよ』と連絡があり『任意売却を断念』する事となりました。

※広島県内でも売却が困難なエリアだった事こともあり、債権者側も今回は『任意売却中止』→『競売』を選択されました。

初回相談の際に『相談に来て本当に良かったです』『気持ちが楽になりました』と安心されていた依頼者の笑顔が今でも忘れられません。

広島の任意売却中止事例!①

投稿日:2018年09月20日 中村

結論からお伝えすると、『任意売却中止事例』と『任意売却失敗事例』は共通する部分が多いです。まあ結果的に成立しないので同じ様に感じると思いますが、中止事例にも様々なパターンがあるのでお伝え致します。

 

 

  1. 債務者の方でお金の準備が出来た場合!
    ※勇気を出して親族・友人に相談するなどしてお金を借り受ける事ができた等。
  2. 債務者本人の気力が無くなり諦めた場合!
    ※任意売却以外の事で精神的に疲れ、無気力になってしまい塞ぎ込んでしまった等。
  3. 競売取下可能期限まで時間が少ないが任意売却に挑戦した場合!
    ※土壇場で問合せ相談を受け『残り時間が少なくても挑戦してみたい』と希望されるケースです。基本的には買主様の住宅ローン手続きや、債権者の抵当権抹消書類準備等に約2~4週間必要な為、チャレンジしても中止となる事が多いです。

 

※中止・失敗事例は定期的にブログで書いてみようと考えてます!

カテゴリー:    

広島の任意売却失敗事例!①

投稿日:2018年09月13日 中村

先日、任意売却相談のお問合せ頂いたN様から聞いた話しになりますが、本当に残念な内容でした。

 

 

住宅ローンの滞納後、債権者から『任意売却』を提案され、慌てて自分達で不動産業者を探された様です。ネット検索で複数の業者のHPを見て、広島市内の不動産業者に問い合わせをした結果、運悪く未熟な担当者に当たってしまったと嘆かれていました。

詳しく聞いてみると、『任意売却の経験が乏しく、債権者を怒らせてしまったみたいです』との事でした・・・任意売却開始→約2ヶ月で競売を申立てられたと聞き驚きましたが、理由は『販売価格の引き下げ』でトラブルがあった様です。

 

今回は入札日直前のお問合せだった為、結果として競売を回避する事が出来ず本当に残念でしたが、『競売申立費用』『遅延損害金・利息等』が加算され自己破産を選択しなければならないN様の気持ちを考えると本当に心苦しいです。

カテゴリー:   

広島市、競売開始決定後の任意売却相談!

投稿日:2018年07月21日 中村

『競売開始決定後の任意売却相談』についてですが、裁判所から『執行官の自宅訪問・現状調査』の通知が届き慌ててご連絡を頂く事が多いです。住宅ローンの滞納が始まり、ご自宅に督促状や催告書がたくさん届いている筈なのですが、殆どの方が開封せずに放置している様です・・・

当然、電話にも出ず時間が経過し競売となるのですが、『裁判所の方が自宅に来る』となると驚くのも無理はないですよね!

『どんな人が来るんじゃろ?』『居留守を使っても良いのですか?』『何をしに来るのですか?』と皆様いろいろと不安な気持ちを話されます。そこから急ぎ初回面談を行って、各案件ごとに何が出来るかを一緒に考えて結論を出す様にしています。そこから先は皆様の判断にお任せ致しますが、殆どの選択肢は『競売か任意売却』しかありません。

まれに親族からお金を借りて競売回避のパターンもありますが、数千万円の現金を段取り出来る方は少ないです。元金以外にも『遅延損害金・競売申立費用』などが必要となり、結果として返済金額が増加し自己破産しか選択肢が無くなるケースが多くなりました。

この様な状況になる前に相談だけでもして頂ければ『解決の選択肢』が一つでも多くなる可能性がありますので是非ともご連絡お待ちしております!

秘密厳守・相談無料なのでご安心くださいませ!

カテゴリー:    

支払い督促を放置し競売申立て、迅速な対応で再出発資金確保!

投稿日:2018年03月06日 香川文人

広島市安佐南区のK様は数年前に転職され、収入が不安定となり支払いが滞り始めました。当然、遅れながらでも支払いされていましたが、アクシデントが重なり期限の利益喪失し競売を申し立てられる状況となりました。

 

初回面談後、K様親族の協力もあり直ぐに退去する事が出来ました。その後はタイミング良く購入希望者も現れ、大きなトラブルも無く任意売却成立となり再出発資金確保する事が出来ました。

他のお客様にも共通する事なのですが、支払いが困難な時点で1度金融機関に相談等しておけば解決策が見つかる可能性があります。
しかし、約束を守れてない事で負い目を感じ督促等を無視し続け、ついには競売となり競売申し立て費用・延滞金・利息等が発生する状況に陥るパターンが圧倒的に多いです。
もし競売申し立て前に任意売却を行っていれば、余分な費用が発生せず今回の場合だと約200万円前後がお手元に残っていました。
支払いが困難になった時の事を考える方は少ないと思いますが、もしそのような状況に陥った場合はすぐにでも専門家に相談する事をオススメ致します。

カテゴリー:   

競売入札日まで3週間、住み続ける事を希望し知人に落札依頼!

投稿日:2017年10月20日 中村

広島市西区I様は、マンションに病気で寝たきりの奥様と2人で暮らされていました。建設会社に約30年お努めで生活は順調でしたが、一時体調を崩され長期入院する事となり収入が激減。当然、住宅ローン・税金・管理費・修繕積立金と全て滞り、職場復帰しても元の状況に戻す事は困難だった様です。

結果的には競売となり、弊社に相談があったのが入札日3週間前。I様は奥様の状態を考え、なんとかして住み続ける事を希望されました。他の案件と同じく親族・知人で協力可能な方を見付け、落札して頂き家賃を払いながら住み続ける方法がベストと考え提案しました。親族は無理でしたが、お勤め先のT社長が『長年勤めてくれてる従業員のためなら』と協力してくださる事になりました。

過去の競売事例・同マンションの販売事例から落札価格を予想、管理費等滞納状況を確認し入札価格をT社長に提案しました。競売落札で大変なのが『入札価格の決定』。低過ぎると落札不可、高過ぎると家賃設定が困難になる為、ギリギリの数字になる事が多いのですが、今回は絶対に落札する事が目的でしたので若干高めで入札され無事に落札される事となりました。

I様も転居する必要がなくなり、今後は毎月給料から家賃を天引して頂く事で安心して生活され円満に解決しました。将来的にI様の生活状態が良くなり融資可能な状態になれば、T社長の計らいでマンションをI様に売却する事を計画している為、1日でも早くその日が訪れる事を願っております。