任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例⑪

投稿日:2018年10月22日 中村

今回は、任意売却事例の中でも理想の動き方をされ、最高の結果となった方々の内容となります。

 

 

まず、良い結果となっている方々に共通して言える事は『素直で凄く謙虚』なんです。

もの凄く苦しい時期である事は全員が理解しております。その中で『あ~大変そうだから許してあげるよ』と言われる債権者には出会った事がありません。

では、なぜ上手くいく人がいるのでしょう?

それは、自分の力でどうにもならない状況になった際、素直に助けを求める事が出来、謙虚な姿勢でやらなければならない事をしたからではないでしょうか!

相手側も同じ人間なのだから、そんなに無茶苦茶な事は言わないはず・・・

支払いが厳しくなり滞納前の相談に何度も同行しましたが、債務者の方が怒られた姿など過去に1度も見た事ないですよ!

むしろ『今後、幾らぐらいなら支払い可能ですか?』『生活の状況はどうですか?』などと親切・丁寧な対応で、私達以上に親身になり、真剣に相談をきいてくださる方もいました。

『市税の差押が入ると任意売却するのが難しくなるだろうから待ちますよ』同じく『競売申立を待ちますよ』と・・・

これだけでも、私達からすると本当に有り難いんです。

結果的に高値で売却出来た事で『予想以上に残債が少なくなった』『自己破産を回避できた』『転居費用を確保できた』と良い結果となります。

債権者側からの話は次回のブログで書きますね!

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例⑦

投稿日:2018年10月16日 中村

『相談するのが遅い』とどうなるのか?

前回と反対の状況になり『選択肢が限られる』『急いで売却しなければならない』『遅延損害金が増えていく』などが考えらえます。

その他にも理由はあるのですが、間違いなくマイナス要因が多くなりますよね・・・

全く何もしてない方は少ないと思うのですが、ネット検索を繰り返し考えているだけでは解決しません!

 

 

過去の事例では、相談するのが遅かった事で『自己破産を選択』、任意売却は成立したけど『手元にお金が殆ど残らなかった』などがありました。本来なら260万円くらい残っていたのに『遅延損害金・利息・競売申立費用等』が加算され、約50万円しか手元に残らないのって・・・

『人生は分岐と選択の繰り返し』だと思います。

『結婚』『転職』『自宅購入』『離婚』などなど、選択するのは自分達じゃないでしょうか?

支払い困難になった時『専門家に無料相談する事』は特別難しい選択肢ではないと思いますよ!

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例④

投稿日:2018年10月13日 中村

その他の案件も同じですが、債務者さんと一緒に訪問して話をすれば、余程の事が無い限り話を聞いてくださりました。

その後については『自分達の思い通りの結果にならない』可能性もあります。
しかし、何もしなければ『公売や競売』になると伝えられて、毎日ビクビクしながら過ごさなければならないのではないでしょうか?

 

 

実際に債権者さんの方も債務者さんの『不安でたまらない状況』は理解されているんですよ!
だから、長年住んだ自宅を売却して少しでも債務を減らす『任意売却』には協力してくださいます。個人的な感情を出す訳にはいかない為、立場上厳しい事を言われる方もいますが・・・債務者さんの言い分で多かったのが『こちらの話を一切聞いてくれない』『一方的に支払えと言われたんです』でした。
確かに広島市税滞納分などは『原則1年以内に支払いを・・・』と言われたりしますが、あくまでも原則なので電話だけでなく、『実際に訪問して話をする』のが良いと思います。もし自分達だけで訪問するのが不安なら、何時でも一緒に行きますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

競売申立費用・遅延損害金・延滞税等について⑤

投稿日:2018年09月18日 中村

数年前、広島市内マンションの任意売却を中止したのですが、相談者が『自己破産をすると就けない、登録できない仕事・職業』の方でした。

 

 

『住宅ローン残約2,300』『管理費・修繕費等滞納約30万円』『広島市税滞納約80万円』『その他諸費用約90万円』合計『2,500万円以上』で売却すれば完済となる案件でした。

※ちなみに査定は『2,000~2,100万円』です。債権者からの指示は『2,100万円以上で販売開始』でしたが、相談者の方は『競売になっても良いから2,700万円で販売開始して欲しい』と言われました。(その理由を書けない事は察してください)

何度話をしても断固として考え方を変えられませんでした。

 

結果ですが、売却の見込みが無い為、途中で競売となり任意売却は中止、そして『競売申立費用・遅延損害金・延滞税等』約200万円以上加算され、競売後の最終的な残債は『800万円以上』になるだろうと本人から教えて頂きました。※正確な金額は確認していません。

 

結果論ですが『2,100万円』でスタートし任意売却が成立していれば『残債は半分以下』になっていた可能性があると思うと本当に残念な気持ちでいっぱいです。

 

カテゴリー:   

競売申立費用・遅延損害金・延滞税等について①

投稿日:2018年09月14日 中村

任意売却相談を受けていると殆どのお客様が『遅延損害金』『利息』『競売申立費用』『延滞税』等について認識してないと感じます。

※これは広島市内に限った事でなく他社にも確認すると日本全国どのエリアでも同じでした。

 

 

例えば、「残債はどれくらいあるでしょうか?」と質問すると、「え~と約2,400万円くらいです」と答えられます。実際に調査してみると任意売却を成立させる為に返済額がそれ以上必要となる場合が多いです。もちろん理由は、『遅延損害金等』の金額が加算されているからなのですが・・・そして、代位弁済後に毎日どれくらいの遅延損害金が加算されているかを知らない為、「何でそんなに急ぐ必要あるんですか?」と聞かれる事が多いのです。

 

過去の事例でも、もっと早く相談に来て頂ければ『完済になっていた』『手元に200万円近く残っていた』『自己破産しなくても済んでいた』方が何人もおられました。1ヵ月違うだけでも数十万円の差が出てくるケースが多いので、もしブログを読まれていて悩まれている方がおられましたらお気軽にお問合せお待ちしております。※相談は無料なのでご安心くださいませ!

カテゴリー:   

不足分を親族に借入する事で精算、全額返済で無事解決

投稿日:2017年10月24日 中村

広島県東広島市E様は自宅購入後、約5年で離婚する事となり任意売却を決断されました。購入時にかなりの自己資金を準備していた為、早期売却すれば完済する可能性もありましたが、精神的にも疲れ切っており販売開始までかなりの時間が経過しました。遅延損害金が膨らみ不足分が出てくる可能性もあったので、E様の親族に不足分を準備する事が可能か事前に確認しました。その時点で売却後の残債は100~200万円と予想する事しかできなかった為、正確な金額が確定した時点で再度相談に来て欲しいと希望されました。

販売開始から約2ヶ月で購入希望者も現れた事で不足分が約150万円である事を確認できました。不足分については月々3万円を支払う事で、債権者から抵当権抹消について承諾を頂く事になります。親族も大金を貸す事に家族会議をしたり準備する時間が必要であった為、数ヶ月間は分割で支払いを続けていました。結果としては、今回売却に至った経緯や離婚で苦しんでいた事を理解してくださり、気持ち良く準備してくださった事で全額返済でき円満解決しました。もちろん借りたので親族に月々返済していますが、気持ちの面が凄く楽になったとE様も喜ばれておりました。

カテゴリー:   

自己破産後、滞納税分割支払いについての事例

投稿日:2017年10月24日 中村

広島市安佐北区Y様は住宅ローン残1,500万円、広島市税滞納分60万円の支払いで困っておられました。月々は問題無く支払えていましたが、ボーナス月25万円加算が原因で支払い困難に陥ってしまったとの事です。このパターンになると消費者金融等で借入している事が多く、確認してみるとY様も2社から80万円の借金がありました。

このまま維持する事は限界と感じ、自己破産を検討したいので弁護士を紹介して欲しいと希望されました。Y様は全ての債務が免責になると勘違いされており、弁護士から税金は非免責債権(免責にならない債権)に該当するので、自己破産後も支払う必要がある事を聞き驚かれていました。

しかし他に選択肢はない為、広島市役所担当者に相談し、差押え解除後の支払いについて月々2万円支払う事で合意されました。担当者の差押え解除条件は、『原則一年以内に支払いを終える事が可能な金額で分割』でしたが、今回は例外として最長2年以内で完納する事を認めて頂いた事で、無事任意売却が完了しました。