任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例⑪

投稿日:2018年10月22日 中村

今回は、任意売却事例の中でも理想の動き方をされ、最高の結果となった方々の内容となります。

 

 

まず、良い結果となっている方々に共通して言える事は『素直で凄く謙虚』なんです。

もの凄く苦しい時期である事は全員が理解しております。その中で『あ~大変そうだから許してあげるよ』と言われる債権者には出会った事がありません。

では、なぜ上手くいく人がいるのでしょう?

それは、自分の力でどうにもならない状況になった際、素直に助けを求める事が出来、謙虚な姿勢でやらなければならない事をしたからではないでしょうか!

相手側も同じ人間なのだから、そんなに無茶苦茶な事は言わないはず・・・

支払いが厳しくなり滞納前の相談に何度も同行しましたが、債務者の方が怒られた姿など過去に1度も見た事ないですよ!

むしろ『今後、幾らぐらいなら支払い可能ですか?』『生活の状況はどうですか?』などと親切・丁寧な対応で、私達以上に親身になり、真剣に相談をきいてくださる方もいました。

『市税の差押が入ると任意売却するのが難しくなるだろうから待ちますよ』同じく『競売申立を待ちますよ』と・・・

これだけでも、私達からすると本当に有り難いんです。

結果的に高値で売却出来た事で『予想以上に残債が少なくなった』『自己破産を回避できた』『転居費用を確保できた』と良い結果となります。

債権者側からの話は次回のブログで書きますね!

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例⑩

投稿日:2018年10月21日 中村

今回は、過去の任意売却事例で良くなかったと感じられるポイントを幾つか説明致します。

 

・債務者の態度

様々な事情があるのは誰もが理解しているのですが、延々と言い訳を続けるのは本当にマイナスポイントだと思います。

厳しい事を言うと思われるかも知れませんが、それを言って競売を取下げてもらえたり、延滞金を免除してもらえるのなら何時間でも言い続ければ良いです。しかし、相手側からの印象が悪くなるばかりか、問題を解決するまでの時間が遅れるだけでしかありません。

債権者側からよく言われるのは『滞納が始まった時点で何度も督促・催促の連絡や通知をしており、転居費用も出る可能性があるので任意売却を提案しているんですよ‼それを無視したり断っておいて、競売になったとたんに慌てて不動産業者と一緒に来られても困るんですよ』です。

 

 

そこで『いや、こうなったのは旦那()がしっかりしていなかったから』『入院していて郵便物に気付かなかった』『仕事が大変だったんですよ』などと言われて『それは大変でしたね~分かりました競売を取下げますね』とはならないですよね・・・

さらに自分の思い通りにならないから『あんたらは鬼か!』『わしらに死ね言うんか!』とキレて話し合いにすらならない人もいました。

『自宅を残せないのだったら何の意味もない』と言われる方の気持ちは痛いほどわかりますが、相手側の気持ちはどうなるんでしょうか?

もし働いた分の給料を貰えなかったら、その人達は『しょうがないよね~』とは言わないんでしょうね・・・

 

もちろん今回の話は、ごく少数の方の話で全て競売になりましが、ほとんどの方は任意売却が成立して、転居費用・転居先の確保等のお手伝いをさせて頂き再出発する事が出来ています。

すべてに通じる事なのですが、謙虚な姿勢が大切ですね!

カテゴリー:  

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例⑥

投稿日:2018年10月15日 中村

まず『早めに相談している』方が円満に解決しているのは当然の事ですよね!

簡単に説明すると『選択肢が多い事』『被害・損害が最小限になる』からだと思います。

虫歯の治療などでも感じるのですが、放っておくととんでもないことになっていませんか?

本来であれば抜く必要のない歯を抜かなければならないのは『治療するのが遅い』からですよね・・・

 

 

住宅ローン・税金の支払いについても同じ事が言えるのではないでしょうか?

理想は『滞納する前に相談』なのですが、滞納した後でも自分達だけで悩まず相談だけでも急いだ方は『被害・損害を最小限に抑えている』と感じます。

その理由としては、『転居先を急いで確保し、空き家で販売活動を行う事』で高く売却する事が見込める等です。

『相談するのが遅い』とどうなるのかは次回で説明しますね!

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例③

投稿日:2018年10月12日 中村

『差押え』を回避できた理由は本当に簡単な事なんですが、債務者の方と一緒に債権者さんを訪ねて行っただけです。

 

 

もちろん何年も任意売却に携わっていれば債権者さんに『顔見知りの担当者』がいて当然なのですが、特別な便宜を図って頂いた訳ではありません!

弊社が過去に何度も任意売却を成立させた実績がある為、今回も『差押え』を待って頂いた部分が全く無いとは言えませんが、債務者さんと一緒に訪問して『任意売却を行い返済をさせて欲しい』と誠実に伝えた事が大きかったと考えております。

『査定書』と『仮配分案』を提出し、『およその売却見込み期間』を伝え『差押え』が入っていると売却に支障をきたす事を伝えると「上司と協議してご連絡致します」と言われ、数日後「売却の見込み期間くらいは差押えの件は保留します」と回答がありました。

もちろん毎回上手くいくとは限りませんが、私の場合は『同じ様な経験』を何度もしています。

若干ですが高く売却できた事で転居費用も確保でき本当に助かりました!

広島市の生活保護制度と任意売却②

投稿日:2018年09月24日 中村

『任意売却』を成立させる為に最大のポイントは『転居先の確保』

だと私は思います。販売スタート時に空き家だと何時でも自由に内覧できますが、居住中だと難しいですよね!

 

 

一般的な『任意売却』だと販売スタートまでに『転居費用の確保』が難しいケースが多く、購入希望者が現れるまで居住される為、『売却が成立しない悪い流れ』が出来てしまいます。しかし、生活保護制度を利用される方の場合、条件をクリアすれば規定の範囲内で『転居費用等の確保』が可能となります。

 

そう簡単に誰でも受給可能な訳ではありませんが、過去の事例だと、『病気で働けない』『身寄りの無い高齢者』『預貯金など財産が無い』等で困っている相談者に同行して『任意売却』する事を伝えると親身になって相談を聞いてくださりました。そして、転居先・転居費用の見積もりを提出→OKが出れば無事引越しとなります。

 

『適正価格・空き家で販売活動』する事が可能であれば『任意売却』自体は難しいものではありません!

もちろん受給には条件等があり、ご希望通りにならない場合もある事をご承知おきください!

業績悪化で収入激減、多重債務状態に陥り、自宅売却後に自己破産申立て

投稿日:2017年10月24日 中村

広島市佐伯区H様は飲食店にお勤めでしたが、業績悪化に伴い収入が激減しました。住宅ローン支払額は月8万円、収入が月25万円から16万円に減少した事でアルバイトを始める事となります。奥様もパートに出ますが、元々カードローン等の借入もあった為、支払いが追いつかなくなり多重債務状態に陥ってしまいました。

ほとんど休むこと無く精神的にも追い詰められており、初回面談時に債務状況を確認しましたが、自己破産選択以外は考えられません。ご自宅の査定に伺った際も室内はゴミだらけで、エンドユーザー相手の販売活動が困難。転居先確保の必要もあった為、今後の方針を急いで決定する事となります。

売却後の予想残債が約700万円、その他債務が約400万円、以上の事から弁護士に自己破産の事前相談する事で決定しました。結論としては、家族全員で奥様の実家に戻る事となり、買取業者が購入し任意売却成立した為、転居費用30万円確保、自宅売却後に自己破産申立ての流れで全て解決する事となりました。

代位弁済後14%の遅延損害金加算に驚愕、業者買取で早期解決!

投稿日:2017年10月20日 中村

広島市東区W様は定年後、東広島市の実家に戻り年金とアルバイト収入で生活されておりました。平日は実家、日曜日は東区のマンションで生活され二重生活を続けていたのですが、収入が激減し支払い困難となりました。金融機関に相談することもなく6回目の滞納以降、サービサーから連絡があるまで放置してしまいました。

初回面談時に債務状況を確認するのですが、全ての案件に共通する事があります。それは相談者が認識している金額と実際の残債に大幅な開きがある事です。理由としては、『滞納前の元金』を伝えてくる方が多い為、『残高証明書』等を請求し必ず確認します。今回もW様に正確な残債と年間約14%遅延損害金が加算される事を伝えると大変驚かれていました。(ちなみに今回は約130万円の誤差がありました)

査定価格を伝え販売方法を打合せする際に『1日でも早く問題解決し楽になりたい』『持出しが無くマイナスにならなければ良い』と希望され複数の選択肢から、買取業者に購入して頂く方法を選ばれました。全額返済可能な価格で購入する業者が現れ、室内残置物処分・ゴミ処分を買主負担で行って頂けた為、初回電話問合せから1ヶ月とスピード解決する事となります。

お手元に若干ですがお金も残り、必要物を実家へ運搬する引越し代金も確保できW様は『本当にマイナスにならなくて助かりました』と喜ばれました。日曜日しか休みが無くメール・電話で何度も打合せをして短い期間で信頼関係を築けた事は私にとっても大きな財産となりました。

競売取下げ可能日まで残り1か月、業者買取で明渡猶予期間・転居費用を確保し競売回避!

投稿日:2017年10月18日 中村

東広島市K様と共有名義人である元嫁母は、数年前離婚した際の確執もあり売却に関しては協力可能な状態ではありませんでした。互いに弁護士を通じ連絡を取り合っていましたが、離婚時の事がトラウマとなり平行線を辿っていた様です。

通常売却であれば時間をかけて話し合いをするケースが多いのですが、今回は事情が違い『競売取下げ期日が目前に迫った状態』で急ぎ初回面談を行う事になりました。①自己破産は避けたい②競売は避けたい③少しでも高く売却して残債を減らしたい、と冷静に双方から話を聞くと希望条件が一致していました。私からの提案は『離婚と売却は別の話だから感情論を持ち込まないなら動きますと』伝えると意外にもあっさり了承されました。

受任後、K様の転居先・引越し費用確保、短期間でこちらの希望条件を承諾し購入可能な買主様を同時に探す必要があり関係者全員に協力して頂きました。債権者が納得する購入価格を提示する買主様は数名現れたのですが、転居先と引越し費用の確保は簡単ではありません。

賃貸契約できる物件が限られている為、毎日の様に探しやっとの思いで見つけた物件も、競売取下げ期日の数週間後でないと入居出来ない事で諦めかけておられました。エンドユーザーは断念されましたが、不動産買取業者は状況を理解し退去猶予期間を認めてくださいました。結果的には所有権移転後、約束を守り3週間で退去して頂いた事で円満に全て解決致しました。

70歳の夫婦が年金だけでは支払不能となり、任意売却後に破産申立!

投稿日:2017年10月16日 中村

広島市安佐北区K様ご夫妻は70歳を過ぎ、僅かな年金とアルバイト収入で生活されていました。月々6万円の住宅ローンは支払い可能でしたが、ボーナス月の30万円となると準備できる状況ではありませんでした。銀行カードローン・消費者金融から借入をして乗り越えましたが、返済の目処が立たず破綻状態で不安な日々を過ごされた様です。

まず、債務状況を確認したところ住宅ローン以外の借入が夫婦合わせて300万円、滞納税が100万円、売却後予想される住宅ローン残債務が700万円もあった為、今後どうするか何度も話し合いました。結論が出るまで時間が掛かりましたが、選択肢が無いのは本人達も理解しており最終的には任意売却を決断されました。

今回、予想する残債務が1000万円前後になる為、自己破産も検討しなければなりません。K様ご夫婦も今後の事を真剣に考えており、弁護士事務所に相談に行かれ覚悟を決められました。自己破産を決断された事で転居費用30万円が配分として認められ、引越しもスムーズに終わり空き家状態で販売する事が可能となったのです。広島市税差押解除について市職員と打合せする段階では、K様ご夫婦も初回面談時と違いリラックスした状態で話をする事が出来ました。

新居は少し狭くなったとの事でしたが、住宅ローン・借金で悩まされず熟睡していると聞き安心しました。

マンション購入後2年で支払い困難、競売開始決定通知が届き、任意売却決断で引越し費用確保!

投稿日:2017年10月16日 中村

広島市西区N様が娘と共有名義で購入したマンションの支払いについて、困難になった理由を聞いて驚きました。購入後1年経過した辺りの親子喧嘩が原因となり、娘が家を出て別居生活が始まった為、ご自身の収入だけでは生活するのも大変だった様です。

競売開始決定の通知が届き任意売却する事を決断されてからも、N様の精神状態は不安定だった為理由を確認すると、毎週土日と平日の夜に不動産業者の人が訪問して来るので、熟睡できない事や外出する事も怖くなったとの事でしたポストには多数の手紙・DM投函、インターホンを何度も鳴らされればどんな人でも嫌になってしまうと思います。当然の事ですが弊社が受任してからは一切訪問が無くなった事でN様の気持ちも安定し、内覧の際も凄く良い笑顔で買主様を迎えてくださりました。購入希望者も理解力のある方だったおかげで手続きもスムーズに進み、任意売却が成立した事で引越し費用も希望額を確保できました。

1番気になっていた娘さんとの事ですが、売買の手続きに関しては全面的に協力してくださり、お詫びとお礼のお言葉を頂きました。現在も別々に生活されている様ですが、定期的に連絡を取り合い昔みたいな仲良し状態に戻れたとの事で一安心です。