マンション駐車料金滞納分、残置物処分を買主負担で行い、転居費用を確保!

広島市佐伯区T様は離婚後に自己破産を検討中で、相談を受けていた弁護士からのご紹介になります。ご希望は引越し費用の確保でしたが、債権者によって規定が異なる為、最近では全額確保する事が困難になっており、どうやって準備するか私達も頭を悩ませております。

今回の案件は①マンション駐車料金滞納分②転居費用確保及び残置物処分③広島市税差押解除についてが大きなポイントになったのですが、販売活動を行うにしても元々4人で生活されていた為、室内にはかなりの残置物があり案内できる状態ではありません。そして任意売却は殆どの場合、管理費・修繕積立金滞納分は売却代金の中から控除して頂けるのですが、マンション駐車料金についてはご自身で清算しなければ買主様に引継がれる事になってしまうんです。

最後に税金差押えも解除に応じて頂けない訳では無いのですが、年々厳しくなってきている為、市職員と滞納者が面談して「解除後、原則一年以内の支払い」書面で約束するパターンが多くなりました。

結論として「駐車料金滞納分支払い及び残置物処分の費用負担」の条件を了承する買主様を探し、市税差押解除を依頼する為T様と役所を訪問して署名押印して頂いた事で、なんとか任意売却を成立させる事が出来ました。引越し費用については、支払わなくて済んだ費用をプラスする事で無事確保できT様からも「最後まで諦めなくて良かった。本当にありがとう」と感謝のお言葉を頂きました。

カテゴリー: 任意売却, 弁護士関与, 引越し費用確保, 業者買取, 税金滞納, 離婚 パーマリンク