任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例⑧

投稿日:2018年10月17日 中村

これも良くあるパターンなのですが、『支払いを配偶者に任せっぱなし』で管理が出来ていない為、気付いた時には手遅れだった事例となります。

とても仲の良い夫婦で信頼し合っている程、現状を相手に伝えられず一人で悩まれているみたいですね。

本当に信頼しあっているのなら、何でも話して解決すれば良いと思うのですが・・・

良い話なら相手が仕事中でも電話して伝えるのは簡単だと思います。

しかし、悪い話を相手に伝えるのは簡単ではありません!

特に単身赴任などで遠方に行かれている場合だと『話をするチャンス』も限られてしまいます。

 

イメージ写真

イメージ写真

 

1回くらいの滞納なら何とかなるかもしれませんが、2回・3回となると住宅ローンの遅れだけでも2030万円近くになるのではないでしょうか?

執行官が訪問する前日まで隠されていたケースもありましたが、その頃になると『競売申立費用・遅延損害金等』など100万円以上の余分な費用が加算されていると思います。

そんな状況になってから慌てて相談の連絡をしてこられる方が多いのですが、決まって第一声が『このまま住み続ける方法は無いでしょうか?』なんですよ!

もちろん『そんな状況になってることなんて知らなかった』のだから仕方ないと思います。でも、それが通じるのはこちら側の話であって、相手側からしてみると『何度も何度も督促等の通知・連絡』した上での結果なので簡単には覆りません。

最終的には自宅を失うだけでなく、家庭も崩壊するケースを沢山見てきました。

そうならない様にする為にも『支払いが遅れそう』『今後は払えない』と感じた時は急いで『専門家』に相談する事が大切ですね!