任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例⑫

投稿日:2018年11月07日 中村

今回は債権者側からの話になるのですが、全てに共通する部分を書いてみます。

 

『とにかく連絡が取れなくて困っている!』これが圧倒的に多いんです。

県外のサービサーは郵送か電話するしか連絡手段がありませんが、広島県内の場合『実際に自宅まで訪問』されている担当者さんもいるようです!手紙や名刺を置いて帰られているみたいですが、連絡が取れず困っていたと後から聞く事が多かったです。

 

 

何回も訪問して、何度連絡しても返事がない為、仕方なく競売手続きを進めている最中に『任意売却させて欲しいんです』と連絡するのは気が引けますよね。それでも、ほとんどの担当者の方は『少しでも高く売却できれば残債も少なくなるので』と快く任意売却に応じてくださいましたよ。

 

『債務者を困らせて意地悪をしているのでなく、最初にお金を借りる時にした約束通りの手続きを行っているだけなんです』と言われる方もいましたが、それについては当然の事だと相談に来られた債務者の方達も納得されていました。

『まぁ連絡してこれない気持ちもわかるんですけどね』と理解を示してくださる債権者の方もいました。

 

長くなりましたが結論を言うと『とにかく連絡を取って話をしてみる事』が大切なんです!

思い通りの結果にならなくても、自分達の希望を伝える事で最悪の事態を防ぐ事ができるかもしれません。

もし直接連絡するのが不安なら弊社に一度ご連絡頂きたいと思います。

一緒に解決方法を考える事は可能なのでお気軽にご相談くださいませ!

カテゴリー: