任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

中古住宅のイメージを変える「安心R住宅」

投稿日:2018年04月19日 香川文人

今月から国土交通省が定めた「安心R住宅」が始まった。
これまで既存住宅(中古住宅)は、設備や耐久性が不安、内外装が汚い、設備が古い、選ぶ基準がわからない、情報が少ないなどイメージが悪かった。
そこで新耐震基準適合、建物状況調査等により既存住宅売買瑕疵保険の検査基準適合、保存書類情報開示など一定基準をクリアした既存住宅を「安心R住宅」として表示ができるようになった。

安心R住宅のメリット
①新耐震基準に適合
②既存住宅売買瑕疵保険の検査基準適合
③リフォーム済み又はリフォーム提案書付
④写真提供
⑤保存書類状況の開示
⑥保守点検情報の開示
等により安心して既存住宅の購入が可能になる。

詳しくは国土交通省のホームページを参照
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000038.html

この制度は任意の制度ですので、事業者団体が国に申請し登録されるとその団体に所属する事業者がこの制度を利用して「安心R住宅」のマークを付けて販売ができる。

株式会社椿不動産は登録事業者団体「公益社団法人全日本不動産協会」の一員であり、今後「安心R住宅」の販売も可能になった。

カテゴリー: