任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例③

投稿日:2018年10月12日 中村

『差押え』を回避できた理由は本当に簡単な事なんですが、債務者の方と一緒に債権者さんを訪ねて行っただけです。

 

 

もちろん何年も任意売却に携わっていれば債権者さんに『顔見知りの担当者』がいて当然なのですが、特別な便宜を図って頂いた訳ではありません!

弊社が過去に何度も任意売却を成立させた実績がある為、今回も『差押え』を待って頂いた部分が全く無いとは言えませんが、債務者さんと一緒に訪問して『任意売却を行い返済をさせて欲しい』と誠実に伝えた事が大きかったと考えております。

『査定書』と『仮配分案』を提出し、『およその売却見込み期間』を伝え『差押え』が入っていると売却に支障をきたす事を伝えると「上司と協議してご連絡致します」と言われ、数日後「売却の見込み期間くらいは差押えの件は保留します」と回答がありました。

もちろん毎回上手くいくとは限りませんが、私の場合は『同じ様な経験』を何度もしています。

若干ですが高く売却できた事で転居費用も確保でき本当に助かりました!

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例②

投稿日:2018年10月11日 中村

前回の続きですが、『自分達の力で解決出来ない』のならばどうするのか?

一般的には、自分達以外の方に『助けてもらう』『力・知恵を借りる』のではないでしょうか・・・

 

 

今回ご紹介するのは弁護士の先生からの紹介案件となります。

住宅ローン以外にもカードローン・税金滞納があり、急いで売却する必要がありました。

相談者がこちらのアドバイス通り動いてくださった事で理想の結末となったのですが、最大のポイントは『差押え』を回避した事でした。

不動産を売却する際に『差押え』が入っていると、プラスになる事はありません!

過去の事例だと、購入希望の当事者は気にしなくても資金援助・アドバイスを行う『ご両親等』から猛反対されたケースもあります・・・

『差押え』を回避できた理由は、次回の『広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例③』でお伝え致します!

広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例①

投稿日:2018年10月10日 中村

広島で住宅ローンや市税の支払いが困難な方から沢山の相談を受けています。

様々な理由があるのですが、『督促・連絡』などを無視してしまい、話をしにくい状況に陥っているパターンが多い事です・・・

 

 

基本的には相手側も同じ様なパターンを何度も経験している為、誠実な対応を心掛ければ無茶苦茶な事は言われません!

むしろ当たり前の事しか言われないのです。

『約束の期日までに、約束の支払いをしてください』と・・・

しかし、相談者にとっては、その当たり前の事が苦痛でたまらないのだと思います。

おそらくですが、相談者の方も通常の状態・他人の事であれば『そんな事当然よね』『借りた物は返さなきゃ』『払えないのなら売れば良いのよ』『最初から考えて借りないからよ』と思うはずです。

でも長い人生の中で『想定外』の事が起こり、ほとんどの方が『自分達の力で解決出来ない』のは理解しているんですよね。

本題はここからですが、次回の『広島の住宅ローン・市税支払い困難な事例②』に続きます!

転職(独立)による住宅ローン破綻

投稿日:2018年10月09日 香川文人

転職(独立)による住宅ローン破綻

 

これは住宅ローンを借りた方が破綻する事例を見てきての個人的感想である。

 

一般的にはサラリーマンが無理な借り入れを行っていない限り、返済が出来なくなることは稀だ。

しかし、転職(独立)をされたのち破綻された事例を多くみる。

 

 

家を買うと転勤になる・・・なんてジンクスが大企業には有るが、これまでに返済できなくなった方の多くは転職(独立)で失敗される方も多い。

きっかけは転勤や配置転換、人間関係など様々である。そして転職先は同業種が多く自分で事業を起こし独立される。

もちろん、会社の倒産や事故、病気で収入が途絶えた方も有るが、自己都合での転職(独立)が不幸を招いている事が多いと感じる。

隣の芝生は青い。独立して起業すれば儲かるに違いないと夢見てしまうのだろう。

しかし、成功できるのはごく僅かの会社だ。

日本全企業で黒字経営は33.6%、6割以上が赤字なのだ。

 

国税庁の調査によると、平成26年度の利益計上法人は876,402社であるのに対して、欠損法人が1729,372社と大きく上回っており、割合でいうと黒字の法人は33.6%となる。

 

統計的には独立して成功できる人は3分の1なのだ。

成功と言っても会社が黒字だから所得が多いとは限らない。知り合い税理士に聞くと社長の給料を抑えて黒字にしている会社も数多く見受けられる。との事。

もし、独立を検討されているのなら、今一度見直してはいかがだろう。

カテゴリー:  

自宅を売却、問題はペット?

投稿日:2018年10月06日 藤本佐登子

犬を飼うようになってから12年になります。娘にせがまれてしぶしぶ飼い始めましたが、世話をするうちに可愛くて、子育ての終了も重なり、私にとっては犬が生活の中心になりました。

ペットを飼って居られるお客様とは、やはり動物の話で盛り上がります。

どんなに可愛いかを自慢しても、人間の子供と違い、お互い嫌味になりませんし、動物を通して意気投合してしまいます。

 

 

ペットが居るお客様の中にはどうしても家のローンが払えず、自宅を売却せざる負えない方もいらっしゃいます。中には多頭飼いの方もいて、引越し先の確保も大変です。

ただ、長年一緒に暮らしたペットはれっきとした家族の一員です。

大変ではありますが、どの方も最後は落ち着くところに落ち着いて、ペットと一緒に楽しく暮らしていらっしゃいます。

動物にとっては買主と一緒に居れれば、どこでも嬉しい我が家なのかもしれませんね。

住宅ローンの問題を解決して、気持ちにゆとりを

投稿日:2018年10月05日 藤本佐登子

先日、住宅ローンの支払いが出来なくなったお客様からご相談があり、お宅に訪問しました。

お客様より、来てもいいけど、足の踏み場がないですよと言われましたが、債権者への報告も必要ですし、どのように進めるにせよ、やはり内覧は必要ですので、荷物をかき分けて入ります!と軽い冗談を言いながら行かせて貰いました。

元々片付けが苦手な方もいらっしゃいますが、住宅ローンの支払いも厳しく、金銭面に追い詰められた状況の中で家を綺麗にするような、そんな精神状態ではなくなってしまう方が殆どです。

 

 

でも、自分も含めて思うのは、やはりゆとりは大切です。

花が好きな人は部屋に花を飾るゆとり。

コーヒーが好きな人は美味しいコーヒーを入れるゆとり。

旅行が好きな人は、たまには遊びに行けるゆとり。

大きな贅沢ではなくても好きな事が出来るのは、気持ちに余裕が生まれると思うのです。

追い詰められた状況の中で気持ちに余裕を持つのは難しいですが、解決できる方法は必ずあります。ぜひ一度お電話でご相談下さい。

カテゴリー:  

広島県内の相続不動産についての相談⑤

投稿日:2018年10月04日 中村

前回のブログ「広島県内の相続不動産についての相談④」の続きです。

『相続不動産の売却を椿不動産に任せる』事に関しては一致したので通常通り『売買対象不動産の査定』を行い、売却可能価格を提案致しました。

過去に1度売却を試みた際に査定をしていた事もあり、予想通りといった感じで特に不満は出ませんでした。

 

 

今回の対象物件は『築年数が約50年経過・増築未登記部分あり・その他、擁壁等の補修・建物室内外の動産処分』などなど費用が発生するので、各業者に見積もりを依頼しました。

現状のまま一般顧客に販売活動を行っても成約は難しいと判断し、『不動産業者の買取』を提案しました。複数の業者に情報を渡し、その中で1番高値で購入してくださる『簡単な入札方式』で購入希望者を選び売却しました。

 

1番の問題であった『相続分について』は、『社内の行政書士が遺産分割協議書』を作成し、『相続人全員が納得する割合』を決めた事で今回の『相続不動産売却』は円満解決となります。

※実際に販売スタート時はピリピリしていましたが、最後の方は穏やかな雰囲気でした。

『父親が亡くなる前にちゃんと対策をしておけば』『もし遺言書があったら?』その他、色々と考えさせられる案件だったと思います。

広島県内の相続不動産についての相談④

投稿日:2018年10月03日 中村

③からのつづきです・・・

U様姉、K様の連絡先を聞き急いで電話をしました。

『頼むから紛争にならないで~』と願い、落ち着いて話を聞いていると、『過去に1度売却を試みて不調に終わった』事などが判明しました。

もちろん継母が生きていた頃の話なので気にせず出来る事を考えました。U様姉は関東在住だった為、電話で話しましたが本当に穏やかな方で『中村さんにお任せするので出来る事は協力します』と約束してくださいました。最大のキーマンとなるK様には直接会ってご要望を聞きました。まあ、予想通りでしたがU様と同じく自分の言い分、権利を主張されました・・・

 

 

しかし、今回に限っては『相続不動産を売却』する方向性だけは一致していたので、数回訪問し『不満・要望』など、聞き役に徹しました。満足したのか、気持ちが通じたのかわかりませんが、K様から『わかった、わかった、もう意地張らんけぇ』『任せるけぇ後の事は頼むよ』と言われ売却手続きを行う事となります。

※広島県内の相続不動産についての相談⑤に続く・・・

広島県内の相続不動産についての相談③

投稿日:2018年10月02日 中村

『相続不動産』の処分で少し大変だった事例をご紹介致します。

広島市内在住U様から『継母が亡くなったから相続不動産の売却相談を頼む!』と電話がありました。U様とは過去に面識があった為、『広島市内に相続している不動産があるんよ』『今は継母が住んでいるから将来頼むね』などと伺っていましたが、その他の状況は不明でした。

 

 

行政書士に依頼し相続人の特定を急ぎましたが、こちらに関してはU様達も事前に調べられており、特に問題なく確定したので安心しました。

しかし、ここで問題が・・・

結論としては①U様②U様姉③継母の連れ子K様の3人が相続人だったのですが、『法定相続分で計算』すると①4分の1②4分の1③2分の1となる為、U様は納得がいかない様子でした。

数十年前の話・自分達の言い分を延々と繰り返されていましたが、最終的には『何とかしてまとめて欲しい』と言われました。※広島県内の相続不動産についての相談④に続く・・・

広島県内の相続不動産についての相談②

投稿日:2018年10月01日 中村

『相続不動産の処分等』で問題となるのが『相続人の意向』だと思います。

士業の先生や金融機関から紹介の場合『方向性が決定している』事が多い為、特に大きなトラブルになる事はありません。

しかし、個人の方から直接相談の場合は『他の相続人を探す』事から始めなければならない場合が多いです。

 

 

過去の事例で比較的簡単だった案件を紹介します。

『O様姉妹の場合』は両親が亡くなられ調査した結果、相続人が2人で確定していました。

「ご両親の自宅をどうされますか?」と質問するまでも無く、2人とも嫁いでいた為『相続不動産は売却する』で一致していました。

あとは査定→売却の流れで解決となります。契約や決済等の日程調整するのも協力してくださり、説明等も2人同時に行え凄く助かりました。

 

こんな感じで『相続人が確定しており方向性が一致』している場合は本当に楽なんです!

それでは、どんな場合が大変か・・・

次のブログで事例を元にご説明致します!

カテゴリー: