お客様の声

任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

病気で支払いが出来なくなった為、住宅ローン残債、市税滞納分を自宅売却して精算!

事例内容


気丈にご自宅を守り続けて来られましたが、病気の為支払いが困難になり自宅を処分し再出発を決心された、西区A様からの相談案件です。

解決案/方法の本文


引越しについてのサポートをしながら、不安なお気持ちにさせないよう、売却について細かい部分に配慮しながら進め、最後はご本人の協力のもと、短時間で出来る限りご希望の金額で売却を成立しました。

担当者よりの本文


多くの方が再出発にあたり転居先の確保が重要になります。少しでも不安を和らげるお手伝いができればと強く感じた案件でした。

金融機関との間に誤解が生じ、混乱状態で販売スタート、最終的には納得して無事解決した任意売却事例!

事例内容


初回問合せの電話で、かなり興奮状態だった広島県呉市O様の任意売却事例になります。 落ち着いて理由を確認してみると、「金融機関からの説明が不十分だった為、競売になる可能性がある!」の様な内容を延々と話されました。 直接会って状況確認し、今後の解決策などを説明して任意売却スタートする事に決めて頂きました。 税金も滞納されており差押解除の件や転居先の確保も同時に行い、任意売却自体は問題無く完了しました。

解決案/方法の本文


まず、初回問合せの電話時に感じた事が、①かなり誤解をされている事②話の内容だと、完済・任意売却・競売の選択肢しか無い事③ちゃんと説明すれば理解してくれそうな事、の3つでした。 そして直ぐにお会いして、O様が納得するまで数時間話をしました。 金融機関の担当から「住宅ローン支払い猶予について説明不足であった事」の簡単な謝罪を受けたと言われていましたが、もう正常債権に戻らない事を真剣に伝えると「そうか仕方ない・・中村さんが今後解決までサポートしてくれるのなら任意売却を決断するよ」と言われ、そこからは退去の準備・役所に税金の打合せ等を全面的に協力してくださりました。

担当者よりの本文


O様は興奮しやすい方でしたが、今回の件は自分自身が無知だったと反省もされました。 金融機関の担当者に「中村さんと面談した後にO様から謝罪の連絡がありましたよ」教えて頂いた時には本当に嬉しかったです。 競売になるかどうか決定する数日前に問合せ頂いた案件でしたが、決済後に「任意売却を決断した事で気持ち良く再スタートできたよ~本当にありがとう!」とO様の声を聞いた時に胸がホッとしました。

所有権移転後、1ヶ月の退去猶予期間を確保し、競売回避できた任意売却事例!

事例内容


共有名義の任意売却は多くありますが、今回のKさん達は本人と元嫁の母親が共有名義人だったので少し勝手が違いました。 母親の方は一度も対象物件に住んだ事が無く、離婚時の確執などもあり競売の期日も迫っていたのでかなり焦っていました。 競売入札まで1ヶ月を切っていたので不動産買取業者に相談し、債権者さんの納得する価格まで買上がって頂いた事と、関係者全員と話合い各自が出来る事を動いて頂いた事で乗り越える事が出来ました。

解決案/方法の本文


関係者の人数が多いと大変なのは当然ですが、お互いの思いは外部の人間には理解できない事ばかりなので一人ずつ話を詰めていきました。 残り時間が僅かだったので電話・メール・訪問等を行い急ぎました。 退去先の確保はなんとか出来たので、転居の時期について所有権移転後に約一ヶ月間の退去猶予を買主さんに頂きました。 皆さん間に合わないと諦めかけていましたが、最後まで頑張り無事に任意売却が完了しました。

担当者よりの本文


今回の案件も退去の時期がポイントでしたが、買主さんと何度も打ち合わせをし理解して頂き無事に完了しました。 最初から諦めずに動けば何とかなる事を勉強させて頂いた案件でした。

競売と同時進行の任意売却、業者買取で約1ヶ月の明渡し猶予期間確保!

事例内容


競売と任意売却で検討されていたNさんでしたが、しっかりと打ち合わせをして無事に任意売却が成立した案件です。 結果的に同時進行になりましたが、競売の入札日よりも前に任意売却が成立し、退去等も問題なく解決致しました。

解決案/方法の本文


流れを丁寧に説明した後に、一緒に解決方法を真剣に打ち合わせしました。 ご家族が不安にならない様に定期連絡はもちろん、訪問して安心して頂けるように動きました。引越しのタイミングなどを買主さんと話し調整して、決済日より1か月猶予を頂きました。約束通り無事に退去→引渡しが完了し円満に取引を終える事が出来ました。

担当者よりの本文


任意売却スタート時に競売スタートしていたので時間が限られていましたが、私の事をご家族の方も信頼してくださり、案内時なども協力的だったので無事に解決して安心しました。再出発をされ順調との事なので安心しました。 裁判所の執行官が、ご自宅の現地調査に来られる事も説明していたので、書類が届いてもビクビクする事がなかったと笑顔で雑談したのが忘れられません。

離婚後に収入が激減し住宅ローンの支払いが困難になった事から、ご自宅の任意売却を決断した事例!

事例内容


離婚後に息子さんと生活をしていたOさんですが、2人で住むには広すぎる事と、収入が減少し支払いが困難になった為、売却をする事になった案件です。

解決案/方法の本文


築年数も浅かったので家自体は綺麗だったので売却自体は特に問題はありませんでした。子供の学校区の事もあり転校はさせたくないと言われていたので、転居先を早めに探して頂いて引き渡しもスムーズに行えた事で買主様も喜んで頂けました。

担当者よりの本文


Oさんは誠実な方で、債権者さんに対しても連絡を怠らずにして頂いたので印象が良かったです。対応次第で違う結果になるので今後に活かしたいです。

他社に依頼していた販売活動に疑問を抱き、専任媒介契約を解除して成功した任意売却事例!

事例内容


前任の他社さんの対応に疑問を持ち、弊社へご相談をいただきました。競売まであまり時間がない中での任意売却が成立した案件です。

解決案/方法の本文


時間がない中での販売を進めることと、正確な情報をひとつずつ整理をして、再出発のために何が必要であるかの打合せをして、解決へとすすんでいきました。

担当者よりの本文


今後のことにとても不安をお持ちでしたが、時には何時間も話を伺いながら、整理をしていきました。最後は笑顔ですっきりとした表情に、私もうれしくなりました。

マンション購入後2年で支払い困難、競売開始決定通知が届き、任意売却決断で引越し費用確保!!

事例内容


マンション購入後約2年で支払いが困難になったN様の事例です。 娘さんと2人で購入された物件でしたが、突然娘さんが家を出て行き残されたお母様だけでは支払いが困難になり、パニックになっていた時に届いた弊社からのDMを見て問い合わせがありました。

解決案/方法の本文


まずは、現在の状況を正確に把握し今後どうしたいのかを確認しました。 夜でないと会うことが難しく、打ち合わせが終わり家に帰ると24時近くになっていることが多かったですが真剣に話し合いました。 希望は他の方と同じように手放したくないと言われましたが、実際に支払いの事を考えると無理だと理解してくださり任意売却する事になりました。 築浅のマンションなので販売に関しては心配していませんでしたが、住み続けたいN様の気持ちを考えると切なくなりました。

担当者よりの本文


購入希望者もすぐに現れて売却もスムーズに完了して安心しました。 N様も新居をすごく気に入ってくださり再出発に向けて頑張っている事をメールや電話で教えて頂けたので幸せな気持ちになれました。 「中村さん本当に有難う御座いました。住宅ローンに追われるより賃貸の方が気分が楽でいいね・・・」最後のセリフが忘れられません。

債権者の承諾を得られず任意売却断念するも、競売で親族が落札!

事例内容


最初は、任意売却のご相談をいただき、各債権者と任意売却の成立に向けて活動を続けておりました。ほとんどの債権者の方から応諾をいただいたのですが、一部の債権者からどうしても応じられないとのことで、ついには競売になってしました。

解決案/方法の本文


お客様は住み続けたいという思いがあり、競売の入札手続きを行う覚悟もございました。その強い意志が実り、大切なご自宅を守ることができました。

担当者よりの本文


任意売却のご相談から1年という時間がかかりましたが、最後の最後までお手伝いをできたこと、自宅に住み続けたいという当初からの願いを叶えることができ本当にうれしく思います。

リーマンショックの影響を受け廃業、そして離婚と競売が重なるも任意売却で再スタート!

事例内容


リーマンショックの影響を受けながらも、なんとか事業を続けてこられたのですが、資金繰りが厳しくなり会社が立ち行かなくなりました。そこに離婚が重なり、自宅が競売という大変な状況の中でも、再スタートを切りたいという強いお気持ちでお越しくださいました。

解決案/方法の本文


再スタートのための資金を確保することを目標に販売を進めていきました。 事業を立て直すために日々忙しくしていらっしゃいましたが、密に連絡を取り合うことができ、限られた時間の中で売却から転居と、スムーズに進めることができました。

担当者よりの本文


「ここからまたひとつひとつ積み上げていきます」と明るく話してくださった顔はとても素敵でこれからの活躍を応援させていただきたいと思いました。

娘2人が連帯保証人となり、無事成立した親子間売買!

事例内容


競売の通知が届いてから、ご自身でいろいろと調べて動いていたのですが、解決にはなかなかなりませんでした。競売の入札まであとのこりわずかの時に弊社のDMを思い出し、ご相談いただきました。残された時間が少ない中でも競売を乗り越えることができました。

解決案/方法の本文


「この家に住み続けたい」という思いをかなえるために家族全員に協力をいただきました。時間が限られている中で、親子間の不動産売買が無事に成立し、競売を取り下げることができ、住み続けるという思いをかなえることができました。

担当者よりの本文


限られた時間の中で、一緒になって動くことができたことが解決できた一番の要因だと思います。また、お手続きがすべて終了した数日後に、わざわざお礼にと弊社までお越しいただいき、笑顔を見ることができ