お客様の声

任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

病気となり美容院閉店と自宅処分。売却後、転居先確保まで6ヶ月の引越し猶予。

事例内容


弁護士の先生からご紹介頂いた広島市佐伯区T様の店舗とご自宅の任意売却。 T様は分譲マンション1階テナントで美容院を経営されていましたが、体調を崩され仕事の継続が出来にくい状況で、住宅ローン滞納以外にもかなりの額の税金、管理費等が滞納となり困っておられました。 ご自宅も担保に入っていた為、任意売却後の住まいの確保について大変心配されておりましたが、売却先の不動産業者に、引越しを予定する半年先まで借家として自宅に住み、明け渡し猶予してもらう事を条件に、買取をして頂きました。

解決案/方法の本文


テナントと自宅の任意売却の同時進行だった為、自宅同居の父・兄・T様の転居先を同時に探す必要がありました。 T様は美容院を廃業され自己破産されるご予定で、生活保護受給も検討されていました。 自宅の状況から、一般のお客様による購入は難しいと判断して、一番高く購入してくれる買取業者を探し、T様家族の転居先が見つかるまで「6ヶ月間住み続けても良い事!」を買取条件に含んで頂き、トラブル無く任意売却が成立致しました。 売買所有権移転後、すぐに生活保護の申請を行われ→転居先の確保が出来た為、引越し先の確保も円満に解決しました。

担当者よりの本文


T様のご兄弟が必死に動いてくださり、無事に任意売却が成立しました。 初回面談の際に、T様は冷静に考える事が出来ない状態でしたので、今後の解決方法・スケジュール等を何度もご自宅に訪問し打合せを行いました。 1番不安だった次の住まいがすぐ見つかった時に、何度も何度も感謝の言葉を頂いた事は今後も忘れられないと思います。 生活環境も今までと違うことや、今まで以上に大変な事も起こる可能性もありますが、兄弟仲良く力を合わせて乗り越えていかれる事を願っております。

住み続ける希望を受け入れてもらえる購入者を探し、売却後に賃借人として生活をスタート。

事例内容


ポスティングチラシを見て相談の電話をくださったK様ですが、その時は本当に大変な状況でした。よくある話なのですが、長男の連帯保証人になり支払いが滞った為、連帯保証人であるKさんに書類が届きどうして良いか悩んでおられました。 K様は80歳と高齢で、寝たきりの奥様と僅かな年金生活でした。 自宅がご自身の名義で抵当権が設定してあり、もし売却しても1,000万円以上債務が残ってしまうので覚悟を決めるしかありませんでした。 本人達も連帯保証人になったのだから仕方ないと諦めていました。

解決案/方法の本文


K様夫婦の希望は、住み続ける事が出来ればそれだけで良いと言われました。 寝たきりの奥様と次の住まいを探して引越するのは本当に大変なので、何とか良い方法が無いか考えました。 親族間売買も可能な販売価格だったのですが、娘達も嫁いでマンションを購入していたり他に協力者はいなかったので断念しました。 年齢的にもリースバック等は難しいと判断し、他人に購入してもらい家賃を払い続ける方法を選択された事で解決致しました。

担当者よりの本文


購入者の方もK様達の生活状況を理解してくださり、家賃も相場より若干低めに設定してくださったので、年金だけで問題なく生活する事が出来ております。 初回問合せ時はパニックで睡眠不足になっていたK様でしたが、今ではゆっくり寝る事が出来ていると聞いて安心しました。

所有権移転後、1ヶ月の退去猶予期間を確保し、競売回避できた任意売却事例!

事例内容


共有名義の任意売却は多くありますが、今回のKさん達は本人と元嫁の母親が共有名義人だったので少し勝手が違いました。 母親の方は一度も対象物件に住んだ事が無く、離婚時の確執などもあり競売の期日も迫っていたのでかなり焦っていました。 競売入札まで1ヶ月を切っていたので不動産買取業者に相談し、債権者さんの納得する価格まで買上がって頂いた事と、関係者全員と話合い各自が出来る事を動いて頂いた事で乗り越える事が出来ました。

解決案/方法の本文


関係者の人数が多いと大変なのは当然ですが、お互いの思いは外部の人間には理解できない事ばかりなので一人ずつ話を詰めていきました。 残り時間が僅かだったので電話・メール・訪問等を行い急ぎました。 退去先の確保はなんとか出来たので、転居の時期について所有権移転後に約一ヶ月間の退去猶予を買主さんに頂きました。 皆さん間に合わないと諦めかけていましたが、最後まで頑張り無事に任意売却が完了しました。

担当者よりの本文


今回の案件も退去の時期がポイントでしたが、買主さんと何度も打ち合わせをし理解して頂き無事に完了しました。 最初から諦めずに動けば何とかなる事を勉強させて頂いた案件でした。

競売と同時進行の任意売却、業者買取で約1ヶ月の明渡し猶予期間確保!

事例内容


競売と任意売却で検討されていたNさんでしたが、しっかりと打ち合わせをして無事に任意売却が成立した案件です。 結果的に同時進行になりましたが、競売の入札日よりも前に任意売却が成立し、退去等も問題なく解決致しました。

解決案/方法の本文


流れを丁寧に説明した後に、一緒に解決方法を真剣に打ち合わせしました。 ご家族が不安にならない様に定期連絡はもちろん、訪問して安心して頂けるように動きました。引越しのタイミングなどを買主さんと話し調整して、決済日より1か月猶予を頂きました。約束通り無事に退去→引渡しが完了し円満に取引を終える事が出来ました。

担当者よりの本文


任意売却スタート時に競売スタートしていたので時間が限られていましたが、私の事をご家族の方も信頼してくださり、案内時なども協力的だったので無事に解決して安心しました。再出発をされ順調との事なので安心しました。 裁判所の執行官が、ご自宅の現地調査に来られる事も説明していたので、書類が届いてもビクビクする事がなかったと笑顔で雑談したのが忘れられません。

債権者の承諾を得られず任意売却断念するも、競売で親族が落札!

事例内容


最初は、任意売却のご相談をいただき、各債権者と任意売却の成立に向けて活動を続けておりました。ほとんどの債権者の方から応諾をいただいたのですが、一部の債権者からどうしても応じられないとのことで、ついには競売になってしました。

解決案/方法の本文


お客様は住み続けたいという思いがあり、競売の入札手続きを行う覚悟もございました。その強い意志が実り、大切なご自宅を守ることができました。

担当者よりの本文


任意売却のご相談から1年という時間がかかりましたが、最後の最後までお手伝いをできたこと、自宅に住み続けたいという当初からの願いを叶えることができ本当にうれしく思います。

娘2人が連帯保証人となり、無事成立した親子間売買!

事例内容


競売の通知が届いてから、ご自身でいろいろと調べて動いていたのですが、解決にはなかなかなりませんでした。競売の入札まであとのこりわずかの時に弊社のDMを思い出し、ご相談いただきました。残された時間が少ない中でも競売を乗り越えることができました。

解決案/方法の本文


「この家に住み続けたい」という思いをかなえるために家族全員に協力をいただきました。時間が限られている中で、親子間の不動産売買が無事に成立し、競売を取り下げることができ、住み続けるという思いをかなえることができました。

担当者よりの本文


限られた時間の中で、一緒になって動くことができたことが解決できた一番の要因だと思います。また、お手続きがすべて終了した数日後に、わざわざお礼にと弊社までお越しいただいき、笑顔を見ることができ

親族間売買を断念、投資家購入後に本人で買戻しを成功させた事例!

事例内容


廿日市市在住Y様からの相談内容は、元金約100万円に対して遅延損害金が約1,200万円、大変な状況での初回面談でした。

解決案/方法の本文


どうしても手放したくないのがYさんの希望条件だったので応える為に色々と動きました。 債権者さんや債務の状況によって違ってきますが、今回は身内による買戻しでスタートしました。 とても協力的でしたが、住んでいる場所も遠く現実的に厳しい状況なので、投資家による買取り後にご本人さんが買戻す方法に切り替えました。

担当者よりの本文


運にも左右されるのだと思いますが、Yさんの奥様も頑張ってくださった事により家を手放す事無く無事に解決しました。 途中は大変でしたが、債権者さんも快く応じてくださり円満に解決した事と、Yさん家族から本当に喜んで頂けて本当に安心しました。

書道教室と、高齢の母。実家を守りたい。

事例内容


2年前でしたが、脱サラして事業を始めた三原市のKさん。実家を担保に事業資金を借りていたのですが、思うように事業が進まず、返済が滞り気味になってしまいました。実家では、高齢の母親が書道教室を長年しており、何とか実家を守りたいとのご相談でした。

解決案/方法の本文


調べてみると、実家の査定額より借入額の方が少なく、また娘さんが看護師として春から就職されるとのことでしたので、市場価格で投資家に購入していただき、家賃を支払い 住み続けられるよう売買を行いました。そして娘さんが就職して2年、この度 住宅ローンが使える状況となり、両親と祖母が住む住宅の購入として、投資家より買戻しの売買手続きが無事、完了となりました。

担当者よりの本文


借入金自体は大きくなく、実家をどうしても家族みんなで守りたいという希望を強く持っておられたので、セール&リースバックという方法をご提案しました。買戻し住宅ローンの月々返済額は当初の返済金よりかなり低く抑えられましたので、娘さんの負担とならないよう月々相当額を娘さんに渡されるようです。買戻しが出来るのかが一つのハードルだったと思いますが、投資家さんも気持ちよく協力していただき良かったです。