お客様の声

任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

親族間売買を断念、投資家購入後に本人で買戻しを成功させた事例!

事例内容


廿日市市在住Y様からの相談内容は、元金約100万円に対して遅延損害金が約1,200万円、大変な状況での初回面談でした。

解決案/方法の本文


どうしても手放したくないのがYさんの希望条件だったので応える為に色々と動きました。 債権者さんや債務の状況によって違ってきますが、今回は身内による買戻しでスタートしました。 とても協力的でしたが、住んでいる場所も遠く現実的に厳しい状況なので、投資家による買取り後にご本人さんが買戻す方法に切り替えました。

担当者よりの本文


運にも左右されるのだと思いますが、Yさんの奥様も頑張ってくださった事により家を手放す事無く無事に解決しました。 途中は大変でしたが、債権者さんも快く応じてくださり円満に解決した事と、Yさん家族から本当に喜んで頂けて本当に安心しました。

書道教室と、高齢の母。実家を守りたい。

事例内容


2年前でしたが、脱サラして事業を始めた三原市のKさん。実家を担保に事業資金を借りていたのですが、思うように事業が進まず、返済が滞り気味になってしまいました。実家では、高齢の母親が書道教室を長年しており、何とか実家を守りたいとのご相談でした。

解決案/方法の本文


調べてみると、実家の査定額より借入額の方が少なく、また娘さんが看護師として春から就職されるとのことでしたので、市場価格で投資家に購入していただき、家賃を支払い 住み続けられるよう売買を行いました。そして娘さんが就職して2年、この度 住宅ローンが使える状況となり、両親と祖母が住む住宅の購入として、投資家より買戻しの売買手続きが無事、完了となりました。

担当者よりの本文


借入金自体は大きくなく、実家をどうしても家族みんなで守りたいという希望を強く持っておられたので、セール&リースバックという方法をご提案しました。買戻し住宅ローンの月々返済額は当初の返済金よりかなり低く抑えられましたので、娘さんの負担とならないよう月々相当額を娘さんに渡されるようです。買戻しが出来るのかが一つのハードルだったと思いますが、投資家さんも気持ちよく協力していただき良かったです。