お客様の声

任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

役所との話合いで延滞税の減免、支払い年数短縮の事例!

事例内容


山口県在住K様ですが、弊社のHPを閲覧されお問合わせを頂きました。 市税滞納分が延滞税含め約300万円! 任意売却後の予想残債務が約1000万円である事から、初回面談の際に任意売却・自己破産を決断される事となります。

解決案/方法の本文


収入に関しては問題ない方でしたが、別居中の奥様に渡す生活費が負担となり、数時間話し合った結果任意売却を決断されました。期限の利益喪失までの間、市税差押え解除について市職員とK様の3者で話合いを行いました。 結論として月々分割で返済し、実際に任意売却が成立する時期に再度話合いとなります。 約9ヶ月間、約束した金額の支払いを怠らず信用を得た事もあり、本税全額納付・延滞税については相当な額を減免して頂く事となりました。 住宅ローン残債務については、自己破産の申立てを弁護士に依頼し無事解決となります。

担当者よりの本文


K様は明るく元気な方で、何時も「広島から来てもらってゴメンね~」と言われていたのを思い出します。 約束後は市税滞納分の分割支払いに関して一度も遅れる事が無かったからか、市役所職員から最後は凄く信頼を得ていました。 滞納税が減免になる条件は自治体・案件ごとに違うと思いますが、差押え解除後に約束通り納付をする人かの見極めも大きなポイントになる事を今回の案件で教わりました。

利息全額免除での一括返済案を受入れ、自宅売却で返済し債権者と和解成立

事例内容


広島市中区T様ですが、現在は会社員として頑張って働いておられます。 しかし、失業中に複数の消費者金融から生活費や交際費として借り入れされていました。 ご自宅の住宅ローン支払いは後少しで完済となるのですが、消費者金融からの借入を滞らせていた事が問題となりました。数社に10~30万円を借入れしていましたが1社にまとめ返済を続けていた様です。当然支払いが出来る訳もなく元金だけで200万円、利息・損害金を合わせると700万円になっていました。

解決案/方法の本文


住宅ローン残債が少なかった事もあり、転居先確保と消費者金融への返済手続きさえクリアできれば難しい案件ではありません。 結論としては元金200万円を返済して和解となる『利息全額免除での一括返済案』を、相手側から提示して来られた為、直ぐに応じました。転居先は1人で生活できる賃貸物件に引越しが決まり問題無く解決となります。 和解出来た事で余剰金も出る為、引越し費用の心配する必要もありませんでした。

担当者よりの本文


自宅を売却する事で全て清算する事が出来たので本当に良かったと思います。 関東在住のT様姉も決済時は立会し『今後、2度とこんな事が起きないように』と説教されていましたが、初回相談時~解決するまでの間『妹の事を本当に頼みます』と何度も電話をして来られた気持ちを考えると仕方ないですね・・・ T様が手元に残ったお金を大切にして、今後の人生を楽しく頑張って過ごすと約束してた事は忘れません!

任意売却後の残債務、債権譲渡先と和解し一括返済で円満解決

事例内容


広島市安佐南区G様は生命保険会社に従事しており年収も多かった為、今回のアクシデントが無ければ任意売却をする必要が無い方でした。 お子様の進学で教育費増加、奥様の病気で1年近く看病をしていた為、支払いが滞る事になり気が付いた時には代位弁済が行われ①競売②任意売却③一括返済の選択を迫られておりました。

解決案/方法の本文


競売と一括返済の選択肢は考えられませんでしたので、任意売却する事を債権者に伝え直ぐに準備しました。 近所の実家に戻れた事で転居先確保は解決、空家状態で販売開始できた事もあり債権者が希望する価格での購入者も現れました。残債については債権者と月々分割で支払う事で和解し無事解決となります。 本題はここからなのですが、数カ月後、G様の元に『債権譲渡通知』が届いたと連絡がありました。結論として、一括返済を迫られたが難しい事を伝えると『和解』の話になり、親族に借りて何とかなる金額だった為、一括返済し円満解決したとの事でした。

担当者よりの本文


G様は凄く明るい方で『今はドン底でも必ず良い日が来るのを信じて頑張ります』と会う度に言われていました。 お仕事の都合で自己破産だけは絶対に避けたいと何度も言われていましたが、物件が高く売却できた事で予想していた残債が少なくなったのも、こちらの提案通り本人が本気で動いたからだと思います。 最終的に全てが解決し、現在は実家で幸せに生活されているとの事です。

生活保護受給に伴い、広島市税滞納分請求が一時保留となり無事解決

事例内容


広島市安芸区Y様は特別な難病の為、日常生活が困難な状態でした。 まだ小学生のお子様と貯金を切り崩しながら頑張って来られましたが、限界を迎えご自宅を売却する事となります。

解決案/方法の本文


当初、相談を受けていた弁護士から①自宅の売却②転居先・費用の確保③その他サポートの依頼がありました。 債務状況を確認したところ住宅ローンの方は何とか完済出来そうでしたが、広島市税滞納分に関しては若干残ると予想しました。問題は、室内でペットを飼育されており匂いが酷く早期売却する為には、業者買取しか無いと判断し、各債権者、弁護士に報告致しました。皆様も同意見で売却は直ぐに決定しましたが、次の転居先・費用確保問題が解決していません。収入も途絶えていた為、生活保護受給を検討し役所に相談する事で無事解決に至ります。問題であった広島市税滞納分も、生活保護受給に伴い請求を一時保留にして頂けた事で、Y様は心配無く再スタートする事が出来ました。

担当者よりの本文


移動する事も困難な状態で辛い日々を過ごされていましたが、全てが解決し楽しい生活を送られていると連絡があった時は本当に嬉しかったです。 生活保護受給が打切られたりした場合等には滞納税問題が再浮上してきますが、Y様が病気に負けず頑張って生きて行く決断が出来たのは『滞納税請求の一時保留』による部分が大きかったと思います。 広島市職員の対応も素晴らしかった事にも感謝です。

代位弁済後14%の遅延損害金加算に驚愕、業者買取でなんとか全額返済!

事例内容


広島市東区のW様は定年後、東広島市の自宅に戻り年金とアルバイト収入で生活をされていました。 東区のマンションで週末を過ごされ二重生活を続けていたのですが、他の相談者様と同じくアルバイト収入が激減し滞納する事となりました。 金融機関に相談する事も無く6回目の滞納以降、サービサーから連絡があるまで放置してしまい今回の状態に陥りました。

解決案/方法の本文


W様は日曜日しかお休みが無く平日は夜遅くの帰宅となる為、基本的にはメールと電話で打合せを行いました。 まず、本人が把握している残債と実際の額に大きな開きがある事を確認し、その理由を伝え今後の対策方法を考えました。 長引けば年間14%の延滞金が加算され売却後に不足分が出る事は、W様にとって絶対に避けたいと申し出がありました。 動産処分や自宅への運搬費用も確保する必要がある為、複数の案を提案した結果W様が選択されたのは業者買取でした。理由は『1日でも早く問題を解決して気楽な日々を過ごしたい』『持出しが無くマイナスにならなければ』との事でしたが、これも一つの選択なので結果的には良かったのだと思います。 今回の状況を理解してくださり全額返済可能な価格で購入希望の業者が現れ、室内の動産・ゴミ処分も買主負担でお願い出来た事で無事に解決しました。 若干の余剰金で必要物の引越代金も確保できました。

担当者よりの本文


約1ヶ月しかお付き合いがありませんでしたが、本当に穏やかな方で約束を全て守って頂けた事に感謝致します。 お手元には僅かなお金しか残りませんでしたが「マイナスにならなくて助かりました」と頭を下げられ2人で笑った事は忘れません。 期間は短くても信頼関係が築けた事は、私の今後にとっても大きな財産となりました。 本当に信頼して頂き有難うございました。

マンション駐車料金滞納分、残置物処分を買主負担で行い、転居費用を確保!

事例内容


弁護士の先生からご紹介を頂いた広島市佐伯区T様の任意売却案件になります。 離婚後の自宅処分でしたが、自己破産を検討されていた事もあり、任意売却自体はスムーズに行えました。 手続きにも気持ち良く協力して頂き、大きなトラブルもなく関係者全員が驚く程良い取引となりました。

解決案/方法の本文


室内が築年数相応の傷み具合であり、かなりリフォームが必要な物件でした。 広島市税の差押え、残存物の多さ、駐車場代金の滞納など問題点も多く、一般エンドユーザーでは購入希望者が現れませんでした。 1番買取価格が高い不動産買取業者で購入して頂く事に決定し、広島市税差押の解除の打合せもT様と一緒に伺い問題なく解決しました。 転居費用は希望より若干減額になりましたが、買主側に残存物処分をして頂く事で無事引渡し完了しました。

担当者よりの本文


T様は、私が動きやすいように何時も考えてくださったので本当に助かりました。 約束も守ってくれ、任意売却で不安になる事が1度も無かったのは初めてだと思います。 成人された娘さんの事や、これからの事を嬉しそうに話されていた笑顔は忘れる事ができません。 「出会いに感謝」この言葉通り、これからも感謝を忘れずに頑張ります。

親子間売買を断念、娘が別物件を購入し自宅の任意売却も無事成立!

事例内容


弊社ホームページを見て飛び込みで来社された、西区K様の任意売却事例になります。 定年、税金・住宅ローンの滞納、怪我、その他、悩みが尽きない様でしたが、ご家族の思い出が詰まった自宅を手放す事が1番の悩みでした。 しかし、年金とアルバイト収入だけでは月12万円の支払いは困難で、娘からの援助も限界に達した為、任意売却を決断されました。

解決案/方法の本文


初回面談時には親子間売買を検討されていましたが、借入可能な金融機関の金利が高い事、残債が多いので売買価格が高めになる事、ご自宅がリフォームを必要とする時期である事などから断念されました。 協力を得られる娘さんとも打合せをして、同エリアで販売中であったリフォーム済みの中古戸建てを購入し、そちらにK様ご家族全員が転居する事に決定しました。

担当者よりの本文


家族の思い出の詰まった自宅の売却を決断された時は本当に辛そうなK様でしたが、新居で毎日楽しく過ごされていると連絡を頂き安心しました。

病気となり美容院閉店と自宅処分。売却後、転居先確保まで6ヶ月の引越し猶予。

事例内容


弁護士の先生からご紹介頂いた広島市佐伯区T様の店舗とご自宅の任意売却。 T様は分譲マンション1階テナントで美容院を経営されていましたが、体調を崩され仕事の継続が出来にくい状況で、住宅ローン滞納以外にもかなりの額の税金、管理費等が滞納となり困っておられました。 ご自宅も担保に入っていた為、任意売却後の住まいの確保について大変心配されておりましたが、売却先の不動産業者に、引越しを予定する半年先まで借家として自宅に住み、明け渡し猶予してもらう事を条件に、買取をして頂きました。

解決案/方法の本文


テナントと自宅の任意売却の同時進行だった為、自宅同居の父・兄・T様の転居先を同時に探す必要がありました。 T様は美容院を廃業され自己破産されるご予定で、生活保護受給も検討されていました。 自宅の状況から、一般のお客様による購入は難しいと判断して、一番高く購入してくれる買取業者を探し、T様家族の転居先が見つかるまで「6ヶ月間住み続けても良い事!」を買取条件に含んで頂き、トラブル無く任意売却が成立致しました。 売買所有権移転後、すぐに生活保護の申請を行われ→転居先の確保が出来た為、引越し先の確保も円満に解決しました。

担当者よりの本文


T様のご兄弟が必死に動いてくださり、無事に任意売却が成立しました。 初回面談の際に、T様は冷静に考える事が出来ない状態でしたので、今後の解決方法・スケジュール等を何度もご自宅に訪問し打合せを行いました。 1番不安だった次の住まいがすぐ見つかった時に、何度も何度も感謝の言葉を頂いた事は今後も忘れられないと思います。 生活環境も今までと違うことや、今まで以上に大変な事も起こる可能性もありますが、兄弟仲良く力を合わせて乗り越えていかれる事を願っております。

高知県の任意売却、高齢の父親は生活保護受給で転居先確保!

事例内容


知人からの紹介で任意売却の相談に来られたK様の案件です。 売却物件の所在地が高知県でK様の父親が一人暮らし、K様は広島のアパートで生活されていました。 K様は、その他の債務も多く支払いが困難な為、自己破産・任意売却する事を選択されました。

解決案/方法の本文


電話での第一声が「県外の物件でも大丈夫ですか?」でした。 今までも他県(九州・中四国等)で任意売却の実績がある事をお伝えし、すぐにお会いする事に決まりました。 任意売却自体は債権者様に相談・報告をしながら行いましたので、他県であっても特に大きな問題は無いのですが、入居中のK様の父親の転居先が1番問題でした。 高齢の一人暮らしの為、一般的な賃貸物件は難しく、収入も殆ど無かったので市役所に相談して生活保護の受給手続きを行いました。 転居先については、近所の方、や町内会長さん達が見付けてくださり無事に引越しが完了しました。

担当者よりの本文


今回は、車で約4時間くらいの距離なので何度も現地に行く事が出来ませんでしたが、地元の方々のご協力もあり、無事に任意売却を成立させる事が出来ました。 K様の人柄が本当に良かった為、協力者も多く助かりました。 任意売却後も定期的にK様からの感謝や近況報告の電話があるので安心しております。

自営業破綻による破産申立。売却途中で破産管財人による任意売却へ移行。

事例内容


自営業をされていた広島市N様の自己破産申立後のご自宅の売却事例になります。 途中から破産管財案件に切り替わりましたので、破産管財人の弁護士の先生と債権者様に確認しながら販売活動を行いました。 退去費用の確保、退去の時期がポイントでしたが、N様夫婦が約束を守って販売活動に協力してくださった事で一度のトラブルもなく任意売却を成立する事が出来ました。

解決案/方法の本文


初回面談時に破産申立人の先生と債権者様、N様と打合せを行い、途中で破産管財案件に切り替わる可能性が高い事を伝えられていました。 販売活動を行い、破産管財人が決定するまでの間に購入希望者が現れたので取引自体はトラブルも無くスムーズに行えました。 通常の任意売却との大きな違いは、仲介業者→破産管財人→裁判所に確認の作業が増えた事です。 任意売却で問題になる退去についてなのですが、賃貸業者にサポートを依頼し、こちらも準備を早めに行っていたので問題なく引越しが完了しました。

担当者よりの本文


やはり、どの案件でも同じだと思いますが、関係者との信頼を築く事が大変だと感じました。問題点はすぐに確認し解決する事で、N様・買主様・債権者様・破産管財人の先生から感謝の言葉を頂きました。 今回の案件は関係者が多く何時もより大変な部分もありましたが、貴重な経験が出来た事に感謝致します。

1ページ目 / 全6ページ 123...最後 ≫