任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

新型コロナウイルスの影響による収入減と住宅ローン返済について

投稿日:2020年05月09日 香川文人

新型コロナウイルスによる非常事態宣言以降、お仕事によっては収入が減ったりして、住宅ローンの返済が厳しくなられた方も居られることだろう。

住宅ローンが払えなくなりそうと感じたら、まずは借入先の金融機関へご相談を。


金融機関により多少は異なるものの、救済策が用意されている。

代表的なのは、
①一定期間返済額を減額し、負担を軽減する。
②返済期間を延長し、月々の返済額を減額する。

 

次の様に注意事項もある。
①は利息だけの支払いにして元金を据え置くもの。据置期間が満了したら、据え置いた元金を含めて再計算し返済するため、据置期間前より返済額が増える。
②は返済期間を伸ばして月々の負担を軽減するもの。例えば残り20年の返済機関を25年に延長するため、保証会社の保証を受けている場合、追加の保証料等が発生する事がある。その他事務手数料等が発生する。

 

何れにしても返済できないときは、直ぐに金融機関の窓口へ相談をしよう。延滞する前に相談すれば信用に傷がつかない。
それでも返済が困難で住み続けたい場合、親族や家族にマイホームを買い取ってもらい賃貸で住み続ける。または、リースバック業者に買い取ってもらい賃貸で住み続け、収入が安定した時期に買い戻す方法がある。

 

住み続けることが困難な場合は、競売になる前に任意売却でマイホームを処分するのだ。競売より少しでも高く売ることにより、債務を減らす事が可能で再出発しやすくなる。

 

先ずは金融機関に、次に、広島の任意売却専門店「ひろしまつばき相談室」へご相談を。ご相談無料。秘密を厳守し解決策をご提案します。

 

カテゴリー: