任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

広島市、競売開始決定後の任意売却相談!

投稿日:2018年07月21日 中村

『競売開始決定後の任意売却相談』についてですが、裁判所から『執行官の自宅訪問・現状調査』の通知が届き慌ててご連絡を頂く事が多いです。住宅ローンの滞納が始まり、ご自宅に督促状や催告書がたくさん届いている筈なのですが、殆どの方が開封せずに放置している様です・・・

当然、電話にも出ず時間が経過し競売となるのですが、『裁判所の方が自宅に来る』となると驚くのも無理はないですよね!

『どんな人が来るんじゃろ?』『居留守を使っても良いのですか?』『何をしに来るのですか?』と皆様いろいろと不安な気持ちを話されます。そこから急ぎ初回面談を行って、各案件ごとに何が出来るかを一緒に考えて結論を出す様にしています。そこから先は皆様の判断にお任せ致しますが、殆どの選択肢は『競売か任意売却』しかありません。

まれに親族からお金を借りて競売回避のパターンもありますが、数千万円の現金を段取り出来る方は少ないです。元金以外にも『遅延損害金・競売申立費用』などが必要となり、結果として返済金額が増加し自己破産しか選択肢が無くなるケースが多くなりました。

この様な状況になる前に相談だけでもして頂ければ『解決の選択肢』が一つでも多くなる可能性がありますので是非ともご連絡お待ちしております!

秘密厳守・相談無料なのでご安心くださいませ!

カテゴリー:    

任意売却相談時に多い質問②

投稿日:2018年07月07日 中村

前回の『相談料金』についての質問と同じくらい多いのが、『何時まで住む事が可能ですか?』『何時までに退去すれば良いのでしょうか?』です。一般的に任意売却を検討しなければならない理由として『離婚』『リストラ・倒産』『病気』『教育費の増加』などが考えられます。

任意売却時に『退去時期』は重要ポイントとなり、私の経験だけで考えても苦戦する事が多々ありました。実家に戻る事が可能な方は良いのですが、そうでない場合『転居先の確保』がうまくいかず、販売スタートしても成約に至るまでかなりの時間が必要となります。

 

マイナス理由ですが・・・

  • 居住中で荷物が多いと隅々まで確認が出来ない!
  • 内覧希望者が現れてもスケジュール調整が困難!
  • 売主様が側にいると買主様が落ち着かず内覧どころではない!

などがあり、売却を成立させる為には価格見直し等が必要となります。

価格見直しを繰り返す事で売却は成立するのですが、結果的に残債が多くなり、自己破産を検討されるケースも沢山ありました。

 

結論としては、『自分で解決出来ない事は専門家に相談する!』

収入が減少したり、様々なトラブルを抱え冷静な判断が出来ないのは仕方が無い事だと思います。しかし、悩むだけでは良くなる可能性が高くなるとは思えません!転居費用・転居先の物件確保についても過去の解決事例等を参考にしベストな提案を致します。賃貸不動産業者の紹介も行っていますので、いつでもお気軽にご相談くださいませ!

カテゴリー:   

広島の相続不動産処分と遺品整理

投稿日:2018年07月05日 中村

先日、遺品整理士養成講座のレポート提出を終える事が出来ました。働きながら資格を取得する事は容易でないのですが、今回は予想していた以上に苦戦しました。その理由はテキスト内に記載されていない内容が多く、自分で調べてレポートにまとめなければならなかったからです。

 

もちろん、宅建等の資格に比べて難易度は低いのですが、『運送業と一般廃棄物の運搬との違い』『遺品の不法投棄』『故人の銀行口座手続き』『お焚き上げについて』など普段聞きなれてない言葉がたくさん出てきた為、一つ一つ調べなければなりませんでした。

 

 

この資格を取得するきっかけになったのは、仕事関係の方と『相続不動産処分・買取り』の話が出た時に『通常のゴミ処分業者』を紹介するのと『遺品整理業者』ではお客様からの信頼度が違うよ!と教えて頂いたからです。

 

不思議なもので、その話を聞いてから今まで気付かなかった看板や広告が目に入る様になりチャレンジする事となりました。業務の中でも『相続案件』に絡む事も多い為、勉強になる内容ばかりでしたが、1番心に残ったのは『遺品には故人の思いがたくさん詰まっていると考えられている』でした。

 

 

相続不動産買取りの際に売主様(相続人の方)から『片付けをしなければいけないけど時間が無い』『どれが必要な物なんかわからんよ』と言われる事がありました。冷静に考えれば親子だけが相続人じゃないので仕方ない部分もありますよね。

そんな時こそ『遺品整理業者』に依頼してみるのがベストな解決法かもしれません!

カテゴリー: