任意売却 お悩み解決ブログ

任意売却専門店の、住宅ローンや税金の滞納に苦しむ多くの方々の解決実績を紹介。

離婚するので、連帯保証人をはずしてほしい。!?

投稿日:2013年01月31日 admin

最近ご相談いただく中で多いのが、離婚に伴うお悩みです。住宅ローンを組む際に、夫婦で資金を出し合ったり、収入を合算して住宅ローンを組んだりして、共有名義になっているケースや、奥さんのお父さんに保証人になってもらっているケースなど、様々です。離婚するので、連帯保証人や、連帯債務者の地位をはずしたいと思う方は多いですが、この承諾は 融資を受けている金融機関の合意が無いと出来ません。逆に、この合意が出来ればはずせます。具体的には、共有持ち分を買い取るとか、別の保証人に変更してもらうとか、別の金融機関で借り換えを行うとかです。いずれも、支払いに問題が無い状態でないとなかなか相談に乗ってもらえませんので、ほっとかずに早目に対策しておく方が良いです。

離婚していても連帯保証人は連帯保証人で、連帯債務者は連帯債務者なので、支払いが難しくなった場合、どうしても連帯して対処せざるを得ません。

何年も連絡を取っていない相手と話をしないといけないことは、とても悩ましい問題ですが、早目の相談と出来る対応について検討が必要ですので、まずは ご相談にお越し下さい。

カテゴリー:   

アパート経営で、思うようにいかず・・・

投稿日:2013年01月21日 admin

今回は、アパート経営で残念ながら競売の申立となってしまわれた 山田さん(仮名)のケース

もともと、地主として相続した土地を持っておられた山田さんですが、ハウスメーカーの勧めで、全額融資でアパート経営を始めておられました。建築当初、お勤めの勤務先も順調で収入も安定しておられたので、新築したアパートの一室をご自身のお住まいとして住んでおられたのですが、リーマンショック後、勤務先の状況も悪くなり、あえなくリストラとなってしまわれました。

もともと、収入を得るべきアパートの一室をご自身が使っておられたこともあり、給料が無くなってしばらくすると、アパートの家賃収入をすべて生活費に充てざるを得なくなり、アパートローンの返済が出来なくなってしまいました。

アパートローンなどは、返済が滞ると競売へと進めるスピードも速く、どうしようと思ってるうちに競売開始決定。

当社にご相談に来られた時は、『破産となってしまう。』、『どうにもならない。』と大きな不安を持っておられました。しかしなんと、すぐさま債権者と連絡を取り 査定をしたところ もともとの不動産評価がしっかりあり 任意売却でアパートローンはすべて返済でき、手元に資金が残ることが分かりました。

すぐさま買い手を探し、売買契約、決済と進め、競売を取り下げることが出来た上に手元にかなりの資金が残り、再出発の原資となりました。

売買決済後、『当初破産しかないと思い込んでいたのですが、手元に資金も残すことが出来、これで新たな気持ちでやり直すことが出来ます。』と、笑顔で言っていただいた山田さん。われわれも、本当に良かったと、やりがいを感じました。

今回も、すぐ買い手が見つかったので良い結果となったのですが、時間的に間に合わなかったらそのまま競売となってしまうので、手元資金どころか大きく残債も残ってしまうケースになってしまうところでした。時間が大きなカギとなりますので、困っておられる方に対して、相談は出来るだけ早く来ていただけることをお伝えしていきたいと思います。

 

カテゴリー:

父の葬儀を終えて・・・

投稿日:2013年01月15日 admin

新年早々、1月8日に父が亡くなり、人生初の遺族代表手続きをしました。

仕事柄、相続手続きは理解しているのですが、通夜や葬儀のしきたり、またお寺さんや町内会のことなど、如何に自分が知らないことが多くあったのか認識したこの1週間でした。

肺がんを患っていた父ですが、正月には調子が良く 夏ごろまではもつのかなあ・・・などと、思ったりしていたのですが、1月5日の早朝より状態が急変 6日の朝は迎えられない可能性が高いということで、親族一同新年早々 病院へ集合。そこから 6日の朝を迎え、7日の朝を迎え、8日の朝も迎えましたが、昼前に帰らぬ人となりました。父の希望で、ホスピスへ入院していたのですが、24時間体制の病院関係者には本当に、感謝 感謝です。まるで、自宅のような雰囲気で家族が集まり息を引き取るまで、そばにいることが出来たのは、終末医療としてとても良いものだったと、強く感じました。

初七日も済ませ、ようやく 新年の仕事が始まりました。

新年早々、会社を開けてしまったのですが この間 対応してくれた社員に感激し、気持ちを入れ替えて、業務に臨んでまいりたいと思い、このブログを書きました。

今年も皆様、よろしくお願いいたします。

 

カテゴリー: