お客様の声

任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

生活保護受給に伴い、広島市税滞納分請求が一時保留となり無事解決

事例内容


広島市安芸区Y様は特別な難病の為、日常生活が困難な状態でした。 まだ小学生のお子様と貯金を切り崩しながら頑張って来られましたが、限界を迎えご自宅を売却する事となります。

解決案/方法の本文


当初、相談を受けていた弁護士から①自宅の売却②転居先・費用の確保③その他サポートの依頼がありました。 債務状況を確認したところ住宅ローンの方は何とか完済出来そうでしたが、広島市税滞納分に関しては若干残ると予想しました。問題は、室内でペットを飼育されており匂いが酷く早期売却する為には、業者買取しか無いと判断し、各債権者、弁護士に報告致しました。皆様も同意見で売却は直ぐに決定しましたが、次の転居先・費用確保問題が解決していません。収入も途絶えていた為、生活保護受給を検討し役所に相談する事で無事解決に至ります。問題であった広島市税滞納分も、生活保護受給に伴い請求を一時保留にして頂けた事で、Y様は心配無く再スタートする事が出来ました。

担当者よりの本文


移動する事も困難な状態で辛い日々を過ごされていましたが、全てが解決し楽しい生活を送られていると連絡があった時は本当に嬉しかったです。 生活保護受給が打切られたりした場合等には滞納税問題が再浮上してきますが、Y様が病気に負けず頑張って生きて行く決断が出来たのは『滞納税請求の一時保留』による部分が大きかったと思います。 広島市職員の対応も素晴らしかった事にも感謝です。