お客様の声

任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

役所との話合いで延滞税の減免、支払い年数短縮の事例!

事例内容


山口県在住K様ですが、弊社のHPを閲覧されお問合わせを頂きました。 市税滞納分が延滞税含め約300万円! 任意売却後の予想残債務が約1000万円である事から、初回面談の際に任意売却・自己破産を決断される事となります。

解決案/方法の本文


収入に関しては問題ない方でしたが、別居中の奥様に渡す生活費が負担となり、数時間話し合った結果任意売却を決断されました。期限の利益喪失までの間、市税差押え解除について市職員とK様の3者で話合いを行いました。 結論として月々分割で返済し、実際に任意売却が成立する時期に再度話合いとなります。 約9ヶ月間、約束した金額の支払いを怠らず信用を得た事もあり、本税全額納付・延滞税については相当な額を減免して頂く事となりました。 住宅ローン残債務については、自己破産の申立てを弁護士に依頼し無事解決となります。

担当者よりの本文


K様は明るく元気な方で、何時も「広島から来てもらってゴメンね~」と言われていたのを思い出します。 約束後は市税滞納分の分割支払いに関して一度も遅れる事が無かったからか、市役所職員から最後は凄く信頼を得ていました。 滞納税が減免になる条件は自治体・案件ごとに違うと思いますが、差押え解除後に約束通り納付をする人かの見極めも大きなポイントになる事を今回の案件で教わりました。