お客様の声

任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

任意売却後の残債務、債権譲渡先と和解し一括返済で円満解決

事例内容


広島市安佐南区G様は生命保険会社に従事しており年収も多かった為、今回のアクシデントが無ければ任意売却をする必要が無い方でした。 お子様の進学で教育費増加、奥様の病気で1年近く看病をしていた為、支払いが滞る事になり気が付いた時には代位弁済が行われ①競売②任意売却③一括返済の選択を迫られておりました。

解決案/方法の本文


競売と一括返済の選択肢は考えられませんでしたので、任意売却する事を債権者に伝え直ぐに準備しました。 近所の実家に戻れた事で転居先確保は解決、空家状態で販売開始できた事もあり債権者が希望する価格での購入者も現れました。残債については債権者と月々分割で支払う事で和解し無事解決となります。 本題はここからなのですが、数カ月後、G様の元に『債権譲渡通知』が届いたと連絡がありました。結論として、一括返済を迫られたが難しい事を伝えると『和解』の話になり、親族に借りて何とかなる金額だった為、一括返済し円満解決したとの事でした。

担当者よりの本文


G様は凄く明るい方で『今はドン底でも必ず良い日が来るのを信じて頑張ります』と会う度に言われていました。 お仕事の都合で自己破産だけは絶対に避けたいと何度も言われていましたが、物件が高く売却できた事で予想していた残債が少なくなったのも、こちらの提案通り本人が本気で動いたからだと思います。 最終的に全てが解決し、現在は実家で幸せに生活されているとの事です。