不足分を親族に借入する事で精算、全額返済で無事解決

広島県東広島市E様は自宅購入後、約5年で離婚する事となり任意売却を決断されました。購入時にかなりの自己資金を準備していた為、早期売却すれば完済する可能性もありましたが、精神的にも疲れ切っており販売開始までかなりの時間が経過しました。遅延損害金が膨らみ不足分が出てくる可能性もあったので、E様の親族に不足分を準備する事が可能か事前に確認しました。その時点で売却後の残債は100~200万円と予想する事しかできなかった為、正確な金額が確定した時点で再度相談に来て欲しいと希望されました。

販売開始から約2ヶ月で購入希望者も現れた事で不足分が約150万円である事を確認できました。不足分については月々3万円を支払う事で、債権者から抵当権抹消について承諾を頂く事になります。親族も大金を貸す事に家族会議をしたり準備する時間が必要であった為、数ヶ月間は分割で支払いを続けていました。結果としては、今回売却に至った経緯や離婚で苦しんでいた事を理解してくださり、気持ち良く準備してくださった事で全額返済でき円満解決しました。もちろん借りたので親族に月々返済していますが、気持ちの面が凄く楽になったとE様も喜ばれておりました。

カテゴリー: 任意売却, 離婚 パーマリンク