任意売却後の残債支払いについて、生活状況報告書を提出し債権者と合意

広島市西区W様は任意売却後の残債が230万円ありました。その支払についてですが、債権者の希望は『月々最低3万円以上を支払う事』でしたが、為、転居先家賃6万円と合わせると支払いが困難になる事は明確でした。そこで、現在の生活状況を書面で提出し、支払い可能額を提示する事で減額を申し出る事となりました。

別れた奥様との間に子供がいた為、月々3万円養育費を後3年間支払う必要がある事も伝えました。返済計画としては、当初3年間は月1万円、養育費の支払いが終わり次第4万円を支払う事で合意となった様です。そして、元金を返済した時点で、残債230万円に含まれている延滞損害金について『減額及び免除』の話をY様と債権者の間でする事で今回の任意売却は成立となります。

カテゴリー: 任意売却 パーマリンク