自己破産後、滞納税分割支払いについての事例

広島市安佐北区Y様は住宅ローン残1,500万円、広島市税滞納分60万円の支払いで困っておられました。月々は問題無く支払えていましたが、ボーナス月25万円加算が原因で支払い困難に陥ってしまったとの事です。このパターンになると消費者金融等で借入している事が多く、確認してみるとY様も2社から80万円の借金がありました。

このまま維持する事は限界と感じ、自己破産を検討したいので弁護士を紹介して欲しいと希望されました。Y様は全ての債務が免責になると勘違いされており、弁護士から税金は非免責債権(免責にならない債権)に該当するので、自己破産後も支払う必要がある事を聞き驚かれていました。

しかし他に選択肢はない為、広島市役所担当者に相談し、差押え解除後の支払いについて月々2万円支払う事で合意されました。担当者の差押え解除条件は、『原則一年以内に支払いを終える事が可能な金額で分割』でしたが、今回は例外として最長2年以内で完納する事を認めて頂いた事で、無事任意売却が完了しました。

カテゴリー: 任意売却, 弁護士関与, 税金滞納 パーマリンク