業績悪化で収入激減、多重債務状態に陥り、自宅売却後に自己破産申立て

広島市佐伯区H様は飲食店にお勤めでしたが、業績悪化に伴い収入が激減しました。住宅ローン支払額は月8万円、収入が月25万円から16万円に減少した事でアルバイトを始める事となります。奥様もパートに出ますが、元々カードローン等の借入もあった為、支払いが追いつかなくなり多重債務状態に陥ってしまいました。

ほとんど休むこと無く精神的にも追い詰められており、初回面談時に債務状況を確認しましたが、自己破産選択以外は考えられません。ご自宅の査定に伺った際も室内はゴミだらけで、エンドユーザー相手の販売活動が困難。転居先確保の必要もあった為、今後の方針を急いで決定する事となります。

売却後の予想残債が約700万円、その他債務が約400万円、以上の事から弁護士に自己破産の事前相談する事で決定しました。結論としては、家族全員で奥様の実家に戻る事となり、買取業者が購入し任意売却成立した為、転居費用30万円確保、自宅売却後に自己破産申立ての流れで全て解決する事となりました。

カテゴリー: 任意売却, 弁護士関与, 引越し費用確保, 業者買取 パーマリンク