競売入札日まで3週間、住み続ける事を希望し知人に落札依頼!

広島市西区I様は、マンションに病気で寝たきりの奥様と2人で暮らされていました。建設会社に約30年お努めで生活は順調でしたが、一時体調を崩され長期入院する事となり収入が激減。当然、住宅ローン・税金・管理費・修繕積立金と全て滞り、職場復帰しても元の状況に戻す事は困難だった様です。

結果的には競売となり、弊社に相談があったのが入札日3週間前。I様は奥様の状態を考え、なんとかして住み続ける事を希望されました。他の案件と同じく親族・知人で協力可能な方を見付け、落札して頂き家賃を払いながら住み続ける方法がベストと考え提案しました。親族は無理でしたが、お勤め先のT社長が『長年勤めてくれてる従業員のためなら』と協力してくださる事になりました。

過去の競売事例・同マンションの販売事例から落札価格を予想、管理費等滞納状況を確認し入札価格をT社長に提案しました。競売落札で大変なのが『入札価格の決定』。低過ぎると落札不可、高過ぎると家賃設定が困難になる為、ギリギリの数字になる事が多いのですが、今回は絶対に落札する事が目的でしたので若干高めで入札され無事に落札される事となりました。

I様も転居する必要がなくなり、今後は毎月給料から家賃を天引して頂く事で安心して生活され円満に解決しました。将来的にI様の生活状態が良くなり融資可能な状態になれば、T社長の計らいでマンションをI様に売却する事を計画している為、1日でも早くその日が訪れる事を願っております。

カテゴリー: 任意売却, 売買後住み続け, 税金滞納, 競売 パーマリンク