代位弁済後14%の遅延損害金加算に驚愕、業者買取で早期解決!

広島市東区W様は定年後、東広島市の実家に戻り年金とアルバイト収入で生活されておりました。平日は実家、日曜日は東区のマンションで生活され二重生活を続けていたのですが、収入が激減し支払い困難となりました。金融機関に相談することもなく6回目の滞納以降、サービサーから連絡があるまで放置してしまいました。

初回面談時に債務状況を確認するのですが、全ての案件に共通する事があります。それは相談者が認識している金額と実際の残債に大幅な開きがある事です。理由としては、『滞納前の元金』を伝えてくる方が多い為、『残高証明書』等を請求し必ず確認します。今回もW様に正確な残債と年間約14%遅延損害金が加算される事を伝えると大変驚かれていました。(ちなみに今回は約130万円の誤差がありました)

査定価格を伝え販売方法を打合せする際に『1日でも早く問題解決し楽になりたい』『持出しが無くマイナスにならなければ良い』と希望され複数の選択肢から、買取業者に購入して頂く方法を選ばれました。全額返済可能な価格で購入する業者が現れ、室内残置物処分・ゴミ処分を買主負担で行って頂けた為、初回電話問合せから1ヶ月とスピード解決する事となります。

お手元に若干ですがお金も残り、必要物を実家へ運搬する引越し代金も確保できW様は『本当にマイナスにならなくて助かりました』と喜ばれました。日曜日しか休みが無くメール・電話で何度も打合せをして短い期間で信頼関係を築けた事は私にとっても大きな財産となりました。

カテゴリー: 任意売却, 引越し費用確保, 業者買取 パーマリンク