70歳の夫婦が年金だけでは支払不能となり、任意売却後に破産申立!

広島市安佐北区K様ご夫妻は70歳を過ぎ、僅かな年金とアルバイト収入で生活されていました。月々6万円の住宅ローンは支払い可能でしたが、ボーナス月の30万円となると準備できる状況ではありませんでした。銀行カードローン・消費者金融から借入をして乗り越えましたが、返済の目処が立たず破綻状態で不安な日々を過ごされた様です。

まず、債務状況を確認したところ住宅ローン以外の借入が夫婦合わせて300万円、滞納税が100万円、売却後予想される住宅ローン残債務が700万円もあった為、今後どうするか何度も話し合いました。結論が出るまで時間が掛かりましたが、選択肢が無いのは本人達も理解しており最終的には任意売却を決断されました。

今回、予想する残債務が1000万円前後になる為、自己破産も検討しなければなりません。K様ご夫婦も今後の事を真剣に考えており、弁護士事務所に相談に行かれ覚悟を決められました。自己破産を決断された事で転居費用30万円が配分として認められ、引越しもスムーズに終わり空き家状態で販売する事が可能となったのです。広島市税差押解除について市職員と打合せする段階では、K様ご夫婦も初回面談時と違いリラックスした状態で話をする事が出来ました。

新居は少し狭くなったとの事でしたが、住宅ローン・借金で悩まされず熟睡していると聞き安心しました。

カテゴリー: 任意売却, 年金, 弁護士関与, 引越し費用確保, 税金滞納 パーマリンク