お客様の声
下線
任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

僅かな年金で支払い困難となり、任意売却を決断!

事例内容

息子名義でマンションを購入し、その後息子は結婚して他県へ。10年間は両親であるSさんが住宅ローンを払ってこられましたが、年金生活の中での返済は負担が重く、家族が減った事もあり、売却できるものならばとのご相談でした。

解決案/方法

子育て中の息子夫婦に迷惑を掛けたくないとの気持ちがSさんに強くありましたので、その辺を考慮しながら、債権者との交渉と販売活動をし、残ったローンも年金生活で支払える無理のない金額での返済に。長年重みだった住宅ローンがなくなり、肩の荷が降りましたと喜んで頂けました。

担当者より

1年近くのお付き合いでしたが、いつも明るくにこやかに出迎えて頂き嬉しかったです。売却が決まった時、安心されたお顔を見て、ほんとによかったと思いました。


転職と子供の進学で生活苦、金融機関へ支払い見直し相談も断られ任意売却を決断!

事例内容

ご主人の転職で収入が減ったタイミングで、子供の進学が重なり住宅ローンの支払いが困難になられたOさん。銀行に支払いの見直しを相談したものの転職後の返済方法変更は難しく、家は処分しても子供の生活は守りたいとの気持ちで相談に来社されました。

解決案/方法

任意売却について説明し、今後の流れを理解していただきました。1番抵当権者は完済であったため、2番抵当権者との交渉で、売買代金の中より引越代の配当もいただけました。残債についてもお子さんが卒業するまでは無理のない範囲で返済をされることになりました。

担当者より

無事決済を済ませた際、Oさんより「また一から頑張ります!」との言葉が大変嬉しく忘れられない一言です。何よりもお子さんの気持ちを優先に、母親として頑張ってこられたOさん。最後のすがすがしい笑顔が印象的でした。


義母との親族間売買で競売取下げ、残債は毎月返済可能な金額で了承して頂き円満解決!

事例内容

転職によって、収入が大きく減ってしまわれた広島市在住のNさん。上のお子さんが高校入学され、大きくなっていった教育費の負担に耐え切れず、住宅ローンが支払えなくなり 競売を申し立てられてしまいました。

解決案/方法

競売申立の債権者と交渉し、奥様のお母様が購入される形で競売取下げとなり、残る債務についても、お子様の教育費が落ち着くまでは月々返済可能額で返済されることとなりました。

担当者より

お子さんが多感な時期でもあり、何とか競売を取り下げて住み続けることを希望されていたNさん。お身内による購入が成立し大変喜んでいただけました。債権者さんが承諾していただけたことも大きな要素でした。


15ページ目 / 全15ページ ≪ 最新...131415