お客様の声
下線
任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

離婚後、共有名義人の個人情報漏洩を注意して行った事例!

事例内容

夫婦共有で手に入れたマイホームでしたが、離婚後、支払いも困難になり、任意売却を決断されました。

解決案/方法

別れた奥様へは負担をかけたくないという気持ちを強く持たれていました。夫婦共有の場合は、債務も共に背負うので、いらなくなった家の処分は簡単に進めない場合も多いですが、別々に暮らすお二人の個人情報には気を使いながら、勧めました。債権者の協力も得られ、任意売却できました。

担当者より

人それぞれ感じ方も違うので、気づかないうちに配慮のない言葉をかけている場合もあります。自分の想像で勧めるのはいけないと思いますが、少しでもお客様の気持ちに寄り添えるよう、気にかけながら、進めていきたいとおもいます。


高収入の勤務先を定年後、生活リズムを変えず多重債務者となり、自宅売却で債務全額返済

事例内容

元々は有名企業にお勤めだった広島市南区のS様の任意売却の事例になります。 定年するまでは収入も多く、住宅ローンの支払いを含め生活する事に全く問題がなかったみたいです。しかし、定年退職後にも生活リズムが変わらずカードローン等の借入ができた為、任意売却を行う事になりました。

解決案/方法

初回相談の時点で当月の支払いが無理と判断し、S様と借入先の金融機関に相談に行きました。全ての残債を確認して、スムーズに売却すれば問題なく完済する事を伝えると各債権者様・S様も安心して任意売却に協力してくださりました。 転居先の事が1番心配でしたが、賃貸業者の協力もありS様自身も驚く程簡単に再スタートする事が出来ました。

担当者より

S様の長女が東京在住で、ご両親の状況を知らなかった様でした。 その後、弊社のHPを見て連絡を頂いたのが始まりでした。 初回面談から約2ヶ月くらいで全てが片付いたのは、長女から次女、長男にも連絡して頂き家族全員の協力があったからこそだと思います。


名義人全員が関東在住、包括委任で解決した相続不動産処分!

事例内容

相続財産の処分案件でしたが、名義人の方全員が県外に居住されていたので、基本的に連絡はメールと電話でした。取引自体は難しいものではありませんでしたが、書類を準備して頂いたり、残存物の処分、境界確定など時間は通常よりも必要でした。

解決案/方法

まず共有者の中で1番行動力のある方に対して残りの名義人に不動産売買に関しての包括委任状を提出して頂き、その方に代表窓口になって頂きました。メールや電話で打合わせをして、売主様が広島に来られるまでに私達の方で室内の不要物などの処分を行い、スムーズに引渡しが出来るように動きました。

担当者より

残存物の処分等を信頼して任せて頂き本当に嬉しかったです。貴重品等もある中の作業でしたので慎重に行い、紛失していた権利書も見つかった事で余分な費用、労力が発生しなかったので良かったです。


定年後収入が激減、家族の援助も限界になり、息子と親子間売買成立!

事例内容

定年されたお父様の住宅ローンの支払いが厳しくなり、このまま援助を続けても残りの期間払い続けることが難しいと判断された安佐南区のF様のご相談案件です。

解決案/方法

現金の売買ではないので、融資してくれる可能性がある銀行などを調べました。 通常の住宅ローンの窓口などでは最初から門前払いされるので、選択肢も限定されていましたが、親族間となるとその中でも限られました。 日頃から別件でお付き合いのあった金融機関に相談すると、話を聞いてくださり、そのあとは購入者の誠実な行動で思ったよりスムーズに事が運びました。

担当者より

親を思う息子さんの努力が融資先にも通じたのか、基本的には無理だと言われ続けていた直接の住宅ローンを使っての親子間売買が無事に終わった時には本当に嬉しかったです。 「為せば成る」人間の意志を持った行動の凄さを考えさせて頂けた案件でした。


10ページ目 / 全14ページ ≪ 最新...91011...最後 ≫