お客様の声
下線
任意売却で解決されたお客様より、お手紙をいただいております。

リーマンショックの影響を受け廃業、そして離婚と競売が重なるも任意売却で再スタート!

事例内容

リーマンショックの影響を受けながらも、なんとか事業を続けてこられたのですが、資金繰りが厳しくなり会社が立ち行かなくなりました。そこに離婚が重なり、自宅が競売という大変な状況の中でも、再スタートを切りたいという強いお気持ちでお越しくださいました。

解決案/方法

再スタートのための資金を確保することを目標に販売を進めていきました。 事業を立て直すために日々忙しくしていらっしゃいましたが、密に連絡を取り合うことができ、限られた時間の中で売却から転居と、スムーズに進めることができました。

担当者より

「ここからまたひとつひとつ積み上げていきます」と明るく話してくださった顔はとても素敵でこれからの活躍を応援させていただきたいと思いました。


連帯保証人の協力を得られ、自宅売却で再スタート時の資金確保!

事例内容

「これからどうしたらいいのだろう」と思っていた中で、一番の気がかりは、連帯保証人に請求がいくかもしれないことでした。しかしながら、収入がなかなか安定せず、住宅ローンの支払いが滞ってしまいました。

解決案/方法

まずは、一番の不安でもあった連帯保証人である知人の方と3者で現状とこれからどうなるのかなど話合いをして、全員の思いをしました。そこからできるだけローンの残債が残らないようにすることと次の生活のための資金を確保することを目標にすすめることにしました。

担当者より

すべての手続きが終わった後に「ほっとしました」と、おっしゃられていた姿がとても印象的でした。その後も「再スタートでき、安心した生活がおくれています」と電話までいただき、本当にうれしかったです。


無事融資を受ける事ができた、定期借地権マンションの任意売却!

事例内容

自宅は守りたいとのお気持ちで、支払いの見直しに銀行へも行かれましたが、定期借地権付きとのこともあり、借り換えも難しく、また、子供さんの教育費もあり、任意売却を選択されました。

解決案/方法

債権者にもご協力頂けたので、売出しはスムーズに進みました。定期借地権付とのこともあり、売却には時間を要しましたが、無事任意売却を完了することができました。

担当者より

ご夫婦は元より、学生の子供さんも力を合わせて乗り越えられた姿が、頼もしく暖かい気持ちになれました。大事なものは何なのか?を教えて頂けました。


娘2人が連帯保証人となり、無事成立した親子間売買!

事例内容

競売の通知が届いてから、ご自身でいろいろと調べて動いていたのですが、解決にはなかなかなりませんでした。競売の入札まであとのこりわずかの時に弊社のDMを思い出し、ご相談いただきました。残された時間が少ない中でも競売を乗り越えることができました。

解決案/方法

「この家に住み続けたい」という思いをかなえるために家族全員に協力をいただきました。時間が限られている中で、親子間の不動産売買が無事に成立し、競売を取り下げることができ、住み続けるという思いをかなえることができました。

担当者より

限られた時間の中で、一緒になって動くことができたことが解決できた一番の要因だと思います。また、お手続きがすべて終了した数日後に、わざわざお礼にと弊社までお越しいただいき、笑顔を見ることができ


10ページ目 / 全15ページ ≪ 最新...91011...最後 ≫