任意売却 広島・福山

住宅ローンの支払いに困ったら、広島の専門店 椿不動産へ!! 住宅ローン組替え、任意売却、競売取下げからアパートローンのお困りまで。
業界20年の経験と、行政書士の資格を併せ持つ専門知識でワンランク上の安心をお届けいたします。

 
 

よくあるご質問

1.不動産売却後に残っているローンはどうなるのでしょうか。

今後、月々1万ずつなど、無理のない範囲で返済 ローン残高1,800万円「住宅の価格1,200万円 例ローン残高1,800万円 住宅の価格1,200万円の場合

基本的に、任意売却であっても競売であっても不動産処分後に残る債務は無くなることはありません。残った債務についてはその債権を持つ金融機関と個別に返済の話合いをすることになります。

では、どのような返済をするようになるのかというと、月々の収入の中で、返済に回すことができる金額を返済していくことになります。
1 収入から生活費を引くと月々3万円返済できるのであれば、3万円となります。
2 生活費で精一杯、もしくは生活費も厳しい場合、『月々の返済は出来ない。』となり、金融機関は請求してこないことになります。(この場合であっても、債務そのものが無くなるわけではありません。)

破産を申請し、債務について免除が認められれば債務そのものが無くなりますので、弁護士の無料相談も、ご希望者にはご案内いたします。

2.家の中がゴミ屋敷状態なのですが、売却は出来るのでしょうか。
生活が厳しい状態の場合、なかなか片付けまで手が回らなく、ゴミ屋敷状態の方も多々おられます。ゴミ屋敷とまでは言わなくても、ペットによってかなり傷んでいたり、臭いがきつい状態のご相談も多いです。

この場合においても、通常状態にある物件と同じく、抵当権を持つ金融機関との話によって、任意売却は進めてまいります。ご相談者によっては、この状態を人に見られたくないことを希望される方も多く、一般の広告による売却ではなく、買取業者への売却を行う場合もあります。ただこの場合であっても債権者との協議によって引越費用等を確保することは可能ですので、ご安心ください。
3.売却費用も引越費用もないのですが、どうすればよいのですか。
定年退職後の方、母子家庭の方など、収入そのものが少なくどうすればよいのか悩んでおられる方はとても多くおられます。任意売却は引越し費用等の控除や、手数料の控除が債権者や役所などに認めてもらえるケースがほとんどで、持ち出しの費用負担は低く抑えることができますので、ご安心ください。また、そもそも生活に困窮するようなケースの場合、生活保護の相談、申請を同時に行い不安のない生活へ移行できるケースも多いので、まずはご相談にお越しください。
4.年金生活で、全く手持ちがないのですがどうすればいいのでしょうか。
定年退職後、年金生活となられ、ローンの返済負担や税金滞納返済負担に耐えられない状況になられるの方も、とても多くおられます。住宅ローンの残債や滞納税金が完済出来るケースも多く、売却後年金で生活できる借家によって不安のない生活に切り替えができる方も多いです。まずは、ご相談にお越しください。

5.自分の子供に買ってもらい、住み続けることはできるでしょうか。
住み続ける方法として、とても有効な方法です。ただし、親子間不動産売買への融資はほとんどの金融機関では取り組んではもらえません。取り組んでもらえるための条件整備や、取り組める金融機関との交渉を含め、多くの実績を上げていますので、協力してくれる子供さんと一緒に、ご相談にお越しください。
6.共有者である離婚した妻と連絡が取れないのですが、売却は出来ますか。
共有者と連絡を取ることなく売却することは現実的にできませんので、連絡を取ることは必要です。ただ、離婚された後、お互いに会いたくないし、話もしたくないという方はとても多く、そのような場合当社が別々の売主としてお二人が合うことなく手続きを進めてまいります。『会いたくはないが、トラブルになりたくないので売却には協力する。』となるケースがほとんどですので、まずはご相談ください。
7.競売の決定がされてしまうと、任意売却は出来ないのでしょうか。
競売の申し立てから、実際の入札、開札まで4か月から6か月程度かかります。債権者にもよりますが、競売開始となっていても任意売却できるケースがほとんどです。執行官の方が現況調査に来られた後であっても、かなりの割合で任意売却が成立しています。あわてることなく、早めのご相談にお越し下さい。
8.破産も検討しているのですが、新たな賃貸住宅は借りられるのでしょうか。
家賃保証会社によっては難しいケースもありますが、任意売却によって生活リズムが取り戻せるので、賃貸住宅への入居審査も通りやすくなります。当社では、引越し先の確保も一緒に協力いたしますので、ご安心ください。

9.相続の手続きをしていないのですが、売却は出来るのでしょうか。
亡くなっておられる方が売主として不動産の売却をすることはできません。だれが相続されるのか分割協議の手続きが必要になります。当社では、相続手続き専門の行政書士法人ライフ事務所を併設していますので、売却手続きと同時に進めることが可能です。(共有者の債務者の方が亡くなられて、その相続人の方が相続放棄をしておられる場合、不在者財産管理人の申し立てが必要となります。)

10.住宅ローンが払えなくなったことは、まわりにも知られてしまうのでしょうか。
住宅ローンが払えなくなった事実は、高度な個人情報です。当社では、通常の売却と同じように販売活動を行い、だれにも知られることなく売却を進めてまいります。ただし、購入を決められた方に対してのみ、瑕疵担保免責であることと、抵当権解除が停止条件の売買となることの説明をする必要があり、重要事項説明の中で任意売却であることを説明します。住宅ローンが支払えなくなったことは、当社と買主のみが知ることになります。

いくら必要?

任意売却費用、相談費用はすべて無料です。
 
任意売却,競売取下,資産処分,破産,相談無料,広島

任意売却の場合、債権者にもメリットがあるため、売却にかかる諸経費 などの費用は、売却代金の中より債権者同意のもと支払われます。
よって、売主となられる方が手持ち資金より、負担しなければならない
費用は一切発生いたしません。
売却が不調となり、成約に至らなかった場合でも手数料は発生いたしま せん。

任意売却業者で、コンサルタント料と称して別途手数料を請求する業者 にはご注意ください。
明らかな弁護士法、宅建業法違反です。
 

 
当社はコンサルタント料など一切請求いたしませんので、ご安心ください。

競売になれば住宅ローンの借金は無くなるの?

競売であれ、任意売却であれ 売却によってすべてのローン残金 が支払えない限り借金は残ります。破産を選択しない場合、残った 債務については、各金融機関と返済について相談をしていくことに
なります。返済計画は生活状態を考慮したうえ、支払可能額で進め
ていくのが基本ですが、少しでも借金残高を低くするためにも任意
売却を積極的に利用しましょう。
誰にも相談できず、競売前に引越しされる方も多くおられます。
引越し費用を手に入れましょう。
 
 

間違えやすい重要なポイント

住宅ローンのトラブルは皆さんの甘い見通しや勘違いによって、深みにはまることがよくあります。
1.支払い滞納になっても、返済計画について、金融機関は相談に応じてくれるだろう。
基本的に、期限の利益を喪失したのちは話し合いが出来る余地は ほとんどありません。滞納が起きていない方の場合は、金融機関が 期間の延長など交渉できる場合があります。
2.不動産を売っても、全額返済できなければ、競売にかけられるしか方法は無いだろうな。
任意売却,競売取下,資産処分,破産,相談無料,広島
意外とこのように思っておられる方が多いですが、所有者と債権者 の協力を得て、任意売却は行われます。この場合、競売にはなりま せん。ご安心下さい。
3.「引越し代を100万円必ず渡します」と言ってくれる親切な不動産業者さんに頼みたい・・・
任意売却において、少しでも手元にお金が残る方が良いことは分か っていますが、引越し費用等の控除は債権者との話し合いによって 決まります。話し合いも行われていないのに、そのようなことを言う 業者が中にはいます。
注意された方が懸命です。
これらは皆様の甘い見通しや考えのごく一部です。大概の方が住宅ローンのトラブル時には冷静さを失い、正しい判断ができず、甘い方向へ流されがちです。一人で悩まずその時はすぐにご相談下さい。
 

住宅ローン コンサルティングオフィス

不動産コンサルティング技能登録(3)26161号
宅建業免許広島県(3)9555号

株式会社椿不動産

代表取締役 藤本律夫

広島オフィス

〒730-0013

広島市中区八丁堀15番10号
セントラルビル

tel:082-225-6481
fax:082-225-6482

mail:info@ninbai-f.com