住宅ローンアドバイザー

やっと住宅ローンアドバイザーの修了証が手元に届きました。

今年、最後のブログなので何を書くか考えていましたが、住宅購入の際にとても重要な住宅ローンについてにしました。

常に最新の知識を得る為に頑張っている事をアピールする為ではないのですが、殆どの方が物件を見て気に入った後は平常心を失います。

営業マンも騙す訳では無いのですが、適切なアドバイスが出来ないまま、お客さんの勢いに押されて引き渡しまで行うパターンも多いみたいですね・・・

「本当は、違う銀行の違うプランの方が良いんだけど・・・」「この夫婦は今後支払いは大丈夫なんだろうか?」などと不安なまま動き悩んでいる方もいました。

余計な事を言ってキャンセルになってもいけないので、お客様の決めた通りに動くという方もいました。

色々な方がいますが、私はいつも「今の自分に出来る事を全力でやる」「出来るだけお客様の事を最優先に考える」を心がけていますので、最新の情報・知識を得る為に定期的に宅建、住宅ローン、競売、任意売却等の勉強は怠らない様にしています。

また来年も、お客様の期待に応えれる様に頑張りたいと思います。

 

 

今年も残り2週間・・・

今年も予想していましたが、あっという間に終わりそうです。

毎年の事ですが、特に年末になると「なんでこんなに時間が経過するのがはやいんだろう?」と思うのですが皆さんはどうなのでしょう?

子供の頃は早く大人になりたいと願っていましたが、その時は時間が経過するのが凄く遅く感じていたのに・・・

まあ、そんな事を考えていても時間は過ぎていくばかりなので、やり残しが無いか再度確認しながら、良い年を迎える事が出来るように年末まで頑張りたいと思います。

 

今年も、沢山あった出会いに感謝です。

 

 

英会話の勉強③

本日は、第③回目の英会話の勉強についてです。

毎朝6時から約30分ですが、オンライン英会話を始めました。

講師はフィリピン人なのですが、始める前は知人から「訛りがあるよ」とか「ネイティブには通じない」などと言われていましたが、実際には今の僕には関係ありませんでした。

訛りどころか喋っている内容が理解できていないので、ゆっくりと中学校レベルの内容を何度も聞きながら繰り返してもらいました。

スカイプで顔を見ながら話をするのは照れますが、それよりも不思議な感覚の方が強いです。

まだまだ会話にはならないのですが、3月にはマニラかセブに短期留学で行く予定なのでそれまでには少しでも話せるようになりたいです。

どの講師にも、「夢は?」「何の為に?」って聞かれるのですが日本人と話す時には、こんな事は聞いてもらえ無いので嬉しかったです。

普通の事なのでしょうが、「聞いたら失礼」とかが日本人の感覚なのでしょうが、外国の方は必死に質問してくれるので早く最低限の会話ができるようになりたいです。

 

住宅ローン等のご相談はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

住宅ローンが残ったまま相続が

さて、今回は解決までに約1年ほどかかった事例を紹介いたします。

 

S市にお住まいのIさんは、数年前に離婚をされてご実家で暮らしていました。ある日、郵便を見ると銀行から住宅ローンの支払いの督促が届いていたのです。 元夫とは、住宅ローンの支払いを続ける約束をしていたはずなのなぜと思い、連絡を取ってみると、親戚の方から元夫は亡くなったとの知らせがあったそうです。また、団体生命信用保険の更新手続きも滞っていたため保険もおりず、結局共有者である I さんは負債を抱えることになってしまいました。

 

そして、お亡くなりになったことで相続が発生し、子供にまで家の所有権と残った住宅ローンまでが。。。 そんな大変なご状況の中、ご相談をいただきました。

 

とにもかくにも不動産の売却を進める前にまずは、相続の手続きが必要でしたので、すぐに行動にうつりました。相続の手続きに時間がかかり、そのため不動産の売却を始めるまでにも時間がかかりましたが、無事に任意売却することができました。

 

ご相談いただく中で、知らずのうちに相続が発生していることもよくあります。難しい面もありますが、一つずつ解決をしていくことでゆっくりでも前に進んでいきます。手続き上、時間がかかってしまうこともありますが、焦らずにこれかも対応していこうと思いました。