所有者が多くても大丈夫

X市にお住まいのAさんから競売を取り下げるために任意売却のご依頼をいただいたときのお話です。

はじめてご相談をいただいた時、Aさんがお住いの不動産登記簿を見て私はビックリしました。所有者さんが7人(Aさんのお母さん、叔父さん、叔母さん、いとこさん等)もいらっしゃるのです。当然のことながら、全ての所有者の方から不動産売却の合意をいただかないと不動産の売却は非常はできません。

競売という時間が限られている中で私はまず、すべての所有者さんにお会いして状況の説明と今後の流れを説明させていただきました。(競売となる場合、登記中の所有者が亡くなっていると強制的に相続登記がされるために、多くの方が突然所有者になってしまうことがあります。)

全ての所有者さんの手元には、前触れもなく裁判所から競売のお知らせが届いているのでみなさんご不安な思いをされておられました。そこで私は、何度も足を運びゆっくりと説明をさせていただきました。最初から一つずつお伝えさせていただくと、最後には所有者の方皆様からご理解とご協力をいただくことができました。

ご相談をいただいて合意をいただくまでに2ヶ月半ほど時間がかかりましたが、無事に任意売却ができ、競売を取り下げることができました。

これは、はやい段階でご相談をいただいたAさんの行動が時間の確保につながったからこそのことです。

実際にはご理解をいただくまでに多くの時間がかかり、話が思うように進まず焦りを感じる時もありましたが、最後まで諦めずに物事を進めて行く中で結果はついてきました。

所有者の方が多くいらっしゃっても任意売却はできます。お一人で悩まずにまずは、一緒に考えていきましょう。

少しでもお役に立てればと思います。

さて、次回の更新は新年7日を予定しております。それでは、よいお年をおすごしくださいませ。

大阪研修

先日、大阪に任意売却の研修に行ってきました。

基本的には通常の売却方法と変わらないのですが、破産・差押え・税金の滞納・二次納税義務など通常の取引では、あまり出てこない言葉を多く耳にしました。

売却代金(査定額)より残債が多く、売りたくても売れない状況や、金利が高い時期に借入をした為、ローンの支払いが苦しく借換えも出来ずに悩んでいる方が最近では特に増えている様ですが、解決方法は破産や競売以外にも沢山ある事を知って頂きたいです。

また1月にも研修があるので、次回の研修後にはもう少し具体的な内容を書いてみようと思います。

 

 

 

 

スタッフの中村です。

初めまして、椿不動産の中村です。

あと2週間で来年になってしましますが、ブログを開始する事になりましたので、皆様宜しくお願い致します。

昨日の選挙で自民党が政権を取り戻した事で、これから先は以前より良くなるだろうと言われる方がいましたが、今後どうなるのか本当に心配ですね。

私が家を購入した数年前にはフラット35の金利が2.5~3.3%くらいだったけど、将来の金利上昇が不安だった為か申し込む方が多かった様な気がします。

今は金利が更に低くなっており、住宅ローンの借り換えを検討されていらっしゃる方も多いみたいですね。

しかし金利は低くなっているのは知っているけど、収入の減少・リストラ・病気・転職・離婚等の様々な理由から、借り換えや売却が出来ず住宅ローンの支払いに困っている方が増加しているのが現状だと思います。

先が見えず、誰にも相談できず、悩まれている方のお手伝いを一人でも多くさせて頂くために毎日勉強しておりますが、住宅ローンに関しては任意売却という方法があります。

状況などで違いますが、早期のご相談が良い結果を招くのは間違いないので、もし悩まれている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

もちろん相談は無料なので安心です。

 

はじまり

はじめまして、椿不動産「任意売却エージェント」の山根と申します。

この度、スタッフブログという形で私が実際に携わってきた案件を「事例集」として執筆を始めることにいたしました。

というのも、日々の業務の中で、住宅ローンに関する多くのご相談をいただき、「どうしらいいのかわからない」「誰に聞いたらいいのかわからない」「解決できるのだろうか」など、不安な思いをずっと抱えておられる方が多くいらっしゃいます。

大変な状況の中で同じ悩みを持ちながらも、弊社へご相談いただき、最終的に晴ればれとした気持ちで新たなスタートを切られたかたはたくさんいらっしゃいます。

この事例集をご参考に、不安な気持ちが少しでも和らげることができたらと思っております。

早速、最初の事例は、次回更新時に掲載いたします 「 所有者が多くても、大丈夫 」 です。

来週の25日に掲載予定です。